読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年三大ニュース×2

2015年ももう少しで終わりですね。このブログを読んでいただき、ありがとうございます。今年、裕翔くんにハマったことをきっかけにTwitterのアカウントを増やし、またTwitterでは書ききれないおもいを書くために7年ぶりくらいにブログを書くようになちました。溢れんばかりの自分の感情のはけ口として書いているとは言え、スターを付けていただいたり、読者登録をしていただいたりと、記事に反応してくださるのはとても嬉しかったです。ありがとうございました。

 

今年最後の更新になるので、三大ニュースを良い方と悪い方の2パターン発表します!まずは悪い方から~。

 

まずは3位!

 

炎上もどき!

話をぶり返すつもりはないけど...^^;とある記事のツイートが広まり賛否両論が沢山。RT先や私の見える位置で記事の内容だけでなく私の人格についてまであれこれ言われ、匿名からのコメントやDMやリプライも増え、あらまあ!となった案件。攻撃するためだけにわざわざアカウント作る人もいたり、ここであなたの悪口言われてますよってわざわざリンクを教えてくれた人も。

なんなのー!って気持ちを書いただけで正義感振りかざしたつもりはないけど、そう見えた人もいるだろうし、自分の要望を書いたことも原因だと思ってる。この時SNSでの生息方法についても学んだ。この後からRT先の意見は基本的に見に行かないことにしているし、私の本意が伝わらないのは私の文章力か相手の読解力がないってことだから仕方がない。分かり合えない人もいるのは分かっているし、うまく棲み分けして居心地の良い場所にいたい。

ただこの件では良いこともあったから、完全に悪いニュースかと言うとそうでもない。

 

続いて2位! 

 

V6の11月1日公演に行けなかった

これは結構ダメージが大きい。どうしても、どうしても行きたかった。行きたくて行きたくてたまらないのに行けなかった絶望的な気持ちは前に書いたから書かない。でも、この気持ちから浮上することはできた。健ちゃんがニコ健であの日あの時、会場にいなかった人のことも考えてコンサートをやってくれたことを書いてくれていたのを見て心が軽くなったし、WOWOW放送も楽しく見ることができた。DVDの発売も楽しみにしている。健ちゃんの言葉がなかったら、「行きたくてたまらなかったのに行けなかった公演は見たくない」と見ていなかったと思う。浮上したとは言え、やっぱりこの日の事を考えると心が痛む。

 

そして第1位 !

 

じゅんの脱退

これはもう...ベストアーティストで聞いて頭が真っ白になった。理解できなかった。涙が出てきた。私自身ががつらいのもあるし、KAT-TUNの残りの3人やKAT-TUNファン、じゅんののファンの事を想うとすごくつらい。

今は「じゅんの、やめないでよ。やめるのやーめた!って言っていーんだよ」って気持ちと、「いくらアイドルにも職業選択の自由があるとは言え、今まで時間もお金も自分のために使ってくれた人に対してその対応はどうなのか。残りの3人を応援しよう。」って気持ちが両方ある。

 

ここからは良かったニュース。

 

まずは第3位!

  

岡田くん反抗期の終了

と言うか、あれは反抗期だったのね、と。いろいろ納得した。 SP以降私がモヤモヤしていたり不安になっていた部分の原因が分かった。いろいろなところで、その反抗期について話していたけど、私の中で1番大きかったのは24時間テレビのときに健さんへの手紙。岡田くんは、言わなくても問題はなかったのに、あえて「5人の仲間と歌うことで」という言葉。これはすごく大きかった。

私は2008年から 岡田くんの個人仕事はあまり追わなくなった。映画誌のチェックもしなくなったし、映画館にも行かなくなった。映画のDVDも買ってない。今年知ったけど岡田くんが健ちゃんに「アイドルとして誇りをもってくれ」と言われた頃だから、多分目に余るくらいだったのかな。私も結構影響を受けていた。

友人に天地明察の試写会に誘われてから映画館には行くようになって、DVDも気に入った映画は買うようになった。映画誌のチェックを再開したのは今年の図書館戦争前から。だからほとんど資料はない。ちょっともったいないことしたかなとは思ってる。岡田くんが反抗期の事を話すようになったのは今年の夏頃からだから、その前にあったアカデミー賞大河ドラマも心から喜べなかったなー。今なら喜べるのに。もったいないことをした。

このことについて書いた記事と、その後の話の記事はよく読まれているみたいだから、関心の高い話題なのかもしれない。

岡田くんはこの経験を後輩たちに話してあげてほしいなあと思っている。役者の仕事を面白いと思っている後輩に。反抗期にならないように、なっても短期間で抜け出せるように。裕翔がいろいろなところで岡田くん岡田くんと言っていて、最初は嬉しかったんだけど、最近頻度があまりに多くてちょっと不安になっている。自担の反抗期(2回目)は避けたい。

まあとにかく岡田くんの反抗期が終わって良かった。今はお兄ちゃんたちのことが大好きなのが伝わってくる。少し離れて見てるクールな岡田くんも好きだったけど、今もすっごく楽しそうで大好きだよ!

 

 

続いて2位

 

裕翔にハマった 

わはははは!まさかの年下!今まで勝手に弟のように思っていた裕翔がまさか私をメロメロにさせるなんてー!あぁ、裕翔がかっこよくてびっくりした。子供だと思ってたのにすっかりオトコになっていたことに気づいてしまった。デート見て、「あれ?裕翔かっこいい?」と思ってしまったのが始まり、その気持ちのままたまたま借りてたSmartコンのDVDで落ちた。正確にはDisk2のRWMコン。Smartコンでは心は動かされていない(髪型の問題かと)。そこからは早かった。コンサートやると言うからFCに入って、10月の横アリまで待てないと仙台に行った。かっこよかった。テレビやコンサートDVDで見てもかっこいいけど、生の裕翔は別格だった。美しかった。かっこよすぎてひーひー言っていた。そのテンションで24時間テレビを見たら和太鼓叩いてる裕翔がこれまたかっこよかった。腰砕けになった。そしてそのあと横アリ公演に行き、またもやかっこよすぎてヘロヘロになった。

今は少し落ち着いている。私が全く興味の持てない作品に出るのと、そのせいで髪型が好みでないのが影響していると思う。歌って踊る姿を生で見るのが1番かっこいいと知ってしまったから、テレビや雑誌だと満足できないようになってしまったのかもしれないし、ただの髪型の問題かもしれない。でもJ Movie Magazineはすっごくよかった。年が明けたらピンクとグレーの公開もあるし(ビジュアル素晴らしいと思ってる)、何よりコンサートのDVDが出る。あぁ楽しみ。

裕翔にはまったことで、Twitterのアカウントを増やしたり、ブログを書くようになったりして、新たな出会いもあった。それが本当に嬉しい。仲良くしてくれてありがとうございます。

裕翔くん、大好きだよーーーー来年の活躍も楽しみにしてる。ラブストーリーやろう!

 

そして第1位!!!

 

V6 20周年大フィーバー

想定外!ここまでお祝いムードになるとは思っていなかった。 楽しかった。本当に楽しかった。2008年に学校へ行こうが終わり、2010年にVシュランが終わってからVファンとして暇だった。一応深夜にレギュラー番組はあったけどミッションV6以外はつまらなくて見ていない。歌番組が減ったこともあって、たまにCD出しても露出は少ない。歌番組の特番にも出演しなかったり、出演してもV6だけで歌わせてもらえなくてコラボだけとか...。コンサートも毎年やらなくなって、とにかく暇だった。

そうだったのに!今年の露出のすさまじいことよ。沢山の番組に出てくれた。学校へ行こうスペシャルや24時間テレビやSONGSやVS嵐もあったし、歌番組の特番ではV6は特別扱いしてもらった。コンサートもテレビで見れた。アルバム特典では6人でBBQや寝起きドッキリという最高の企画もしてくれた。幸せだった!雑誌もすごかった。こんなに短期間で雑誌を沢山買ったのは初めてかもしれない。結構選んでいるけど、V6がこんなに載るなんて一生ない気がする~という気持ちでそれなりに買った。ファンとして忙しいってこんなに幸せなのかー!と思った。先日のFNSなんて何のご褒美?と興奮が今でも止まらない。紅白はディズニーとのコラボもさせてくれるみたいだし、まだまだ楽しみは終わらない。

コンサートの公演数が10周年のときの約半分で、5公演くらい行こうと思っていたのに2公演しか行けなかったし、オーラスも行けなかったのは本当に悲しいけど、テレビや雑誌では大満足。せっかくこんなに出てくれたのに、24時間テレビ後からは映画の撮影で岡田くんのビジュアルが好みでないのが残念。でもでも、どの局もV6の20周年をお祝いしてくれて本当に嬉しかった。

 

私はHey!Say!JUMPのカウントダウンコンサートには行かないので、紅白とカウコンを見ながらのんびり年越しをする予定です。それでは皆様よいお年をお迎えください^^