読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーソナルカラー診断と骨格診断を受けた話

先日受けたパーソナルカラー診断と骨格診断が良かったよ~という話です。

きっかけや自己診断など

きっかけは、これらの診断を目にする機会が増えてきたのと、自分で似合う色(服)/似合わない色(服)がよく分かっていて、もしかしたら思い込み?と思ったからです。あと、大丸東京で手軽なお値段でやっているということを知って、そのくらいの金額なら受けてみようかな~と。

ちなみに大丸は28日前の11時からの予約できるのですが、試しに見てみたら10時59分にサイトが混雑で落ちる→約5分後復活→空きなし だったので1回で諦めました。奇跡的に予約が取れても片方だけだろうし、東京まで交通費も時間も結構かかるから2回行くのは面倒。

そのまま近場のサロンを探してみて、いくつか見てもいいお値段するし、さすがにそこまでは...となっていたところに今回私がお世話になったサロンを見つけ、サイトの雰囲気も良さそうだし、金額も大丸東京に2回行って診断受けて地元では買えないお菓子買ったらこれくらいだねという感じだったので予約しました。だからまあ興味本位で大丸の予約サイト覗いて予約戦争を知った流れてなんとなくって感じです。

自分で思う"似合う/似合わない" は、

似合う

  • 真っ白、黒、紺、ロイヤルブルー、紫、ワインレッド
  • シンプル、ラインの綺麗な服
  • へそ~腰切り替えのワンピース

似合わない

  • 黄色、黄色っぽい色、ベージュも不可。パステルカラーもいまいち。
  • 首の詰まった服、ハイウエスト、ふわっとしている素材や形(特に上半身)、丈の短いトップス
  • 胸~ウエスト切り替えのワンピース

自他ともに認める黄色が似合わない人です。もちろん服もNGだし、メイクも少しでも黄色味がかったものをつけたら顔色最悪。黄色に対して苦手意識があるから、カラフルEyesのお健人を見るとちょっと怯みます。岡田くんのメンバーカラー黄色だけど本人もファンもあまり主張してないから良かったです。パステルカラーは黄色ほどではないけどあまり似合いません。でも、私の雰囲気とは違うかなーという思い込みもある気もします。 

体型はとにかく上半身がごついです。手足はそれなりにすらっとしてるのに華奢とは無縁。ここ数年よく見る気がする“〇〇で脚長効果!”みたいな感じの服は完全にNG。トップスの丈は腰あたりにある出てる骨(骨盤?)より下までは必要です。最近丈の短いトップス多くてTシャツとか探すの大変。よく若いジャニヲタが着てるチュールスカートみたいなのも絶対に似合わないと思いますが、好みじゃないから着たことありません。首が詰まった厚手のニットも似合わないの分かってるけど寒いから着てます。

一方、褒められるのはスキニー×白シャツとか形の綺麗なトップス(でもインすると微妙な感じになる)、形の綺麗なワンピース、ハッキリした色とか...かな?シンプルな服が好きだし得意です。アイテム数は極力少なくしたい。

当日の流れ

説明、カウンセリング

自分の思ってる似合う色や似合わない色、どんな服装が好きかなどの簡単なアンケートを書いて、説明を受けました。自分ではどのタイプだと思うかと聞かれて、ウインターでストレート(でもナチュラルの要素もある気がする)、と。思い込みの可能性もあるからプロに見てもらいたかった等の理由もここで言いました。

ちなみに私の地毛は真っ黒だし、黒目も黒いです。顔面の威圧感がある理由の一つに、肌白いのに黒目がしっかり黒いというのもあると、何年もお世話になってる美容師さんに言われました。だから明るい髪色だと余計黒目が協調されるし、逆に染めないのも黒すぎてきつくなる...と。いつもお任せだったけど綺麗にしてくれるのはちゃんと理由があったんですね。

カラー診断

鏡の前に移動して、ドレープをあてていきます。まずは、赤なら赤で黄色みがかった赤と青みがかった赤をあてて顔映りを見比べます。赤黄緑青茶グレーなど、同系色だけど色味が違う2種類の色をいろんなパターンで見ていきます。

素人の私が見ても顔色が全然違くて、でもやっぱり黄色みある色に苦手意識があるから思い込みかな?とも思っていたら、プロの方も「全然違いますね~」と私と同じ意見だったから一安心。黄色みある色の布をあてると顔色が悪くなり、青みがかった布をあてるとパッと白く明るく血色のある綺麗な肌の色になりました。

これで2つのグループから得意な方が決まり、次はまた同系色で得意な方グループの色を淡い色から徐々に鮮やかな色へと4枚のドレープをあてていきます。

今度はどれも顔色がひどくはないけど、色が鮮やかになればなるほど私の顔色がよくなっていきました。「いや~負けませんね~」とか言われながら。自分でもよく分かりました。私の顔、派手な色に負けない。真っ黒も真っ白も綺麗。ちなみに眉とマスカラだけOKのほぼすっぴんです。私の顔にいろいろな色の布をあてながらプロの方は特に似合う色、いまいちな色などをわけていました。

骨格診断

次は立って、後頭部~肩~鎖骨〜胸板~手~ウエスト~腰~尻~腿~膝~と触ってもらいました。足のサイズや身長も聞かれ、診断は1分くらいで終わりました。

診断結果

パーソナルカラー。ウインターで間違いないですとのこと。似合う似合わないが季節をまたがっていたりする人も多い中、私の場合は完全にこのグループでした。また、真っ白、真っ黒、鮮やかな色の方が得意だけど、アイシーカラーも似合うそうです。パステルカラー似合わないと気がするのにこのTシャツは着れるのよね~って薄いピンクのTシャツ、言われてみればアイシーカラーでした。また、黄色は似合わないという呪縛(笑)は合ってるけど、レモンイエローなら似合いますと教えてもらいました。そう言えばネオンカラーが流行ってたときにこの色のカーディガン買ってたことを思い出しました。ウインターが得意とする色の見本をもらえて、その中でも特に似合う色、似合う色、あまり似合わない色などをマークつけてくれました。

診断結果は素人目の私から見ても同じでした。自分で綺麗だと思った色たちがプロの方に「この色すごく似合う!」と言われたのは嬉しかったし自分の目に自信が持てました。また、ウインターの人はどうしてもキツイ色を得意とするので、"なんとか優しく見せたい"と言う要望も多いみたいです。その点私はそんなことを思わずハッキリした色を自信を持って着ているからそのままで良いと褒められました。今まで自分が得意と思っていた色は得意だったし、こういう色も似合うのか~と新たな発見もありました。

骨格診断。やはりストレート。でも肩回りはナチュラルだそうです。ひょろ長くて先っちょが大きい手足はナチュラル要素には関係していませんでした。肩幅もしっかりあるので「男性的...」と少し申し訳なさそうに言われましたが、大丈夫です、知ってます、受け入れています。

ストレートの特徴や似合う服を聞き、いろいろな雑誌の切り抜きを見ながら説明を受けました。ほぼネット上で見た話ではあったのですが、実例や理屈をもとに教えてもらうと納得できることが沢山でした。また、基本的にストレートではいまいちとは言われてるけど自分では変とは思わないお気に入りの服の特徴を言うと、肩回りがナチュラルなことや身長があること等、3つのタイプだけでは分けられない私の特徴をもとに話してくれたのでやっぱりネットの情報だけでは分からないな~と思いました。

アドバイス

後日メールで私の診断結果とアドバイスをまとめたものが届きました。それがA4サイズで6枚分なんですけど、すっごく良くて!私の特徴や、得意な色の傾向、不得意な色の傾向、特におすすめの色、メイクの色、服の素材、柄、着こなし術、ストレートが得意とするアイテム、不得意のアイテム、着丈の注意点や、鞄やアクセサリーなどいろいろな項目がぎっしり書いてあります。一番嬉しかったのが、私だから似合うもの。私の体型の特徴を見てくれて、ストレートだけどこういうのも似合うとか、着こなしを書いてくれたのが良かったです。ストレートタイプではこれNGでは?と思うアイテムも、私の体型だから似合うというものが結構あって、あーだからこういうのもおかしくないんだ~私の目は間違ってなかった~と安心することができました。

結論

納得と新たな発見が沢山あってとても有意義な時間でした。私の目は正しい、自分が似合うと思ったものは似合ってる!自信を持って良い!ということが分かったのが1番の収穫でした。それから、今まであまりチャレンジしてこなかった色やデザインのものもチャレンジしてみたいと思ったし、買うときは「これならまあ大丈夫かな」と思ったのに結局あまり着なくなったものはやっぱりそれなりの理由があると理解できました。基本的にNGな服は分かっていて避けているつもりですが、それでも出先で全身鏡を見ると「あれ?なんか上半身ごつく見える?」と思うときがあって、そういうとき何が悪いのか理由が分かりました。似合うと言われたものが自分の好みと違ったり自分が似合わないと思っているものだったら診断終わった後にうーーーーんとなるかもしれないですが、私の場合はそこは一致していたので、すごく気持ちが良いです。

また、いくらネット上で自己診断ができても、やっぱりプロに見てもらうのが1番だと思いました。カラー4種類、骨格3種類ですが、カラーの場合、得意とする季節の色の中でもいろいろあるし、実際布を顔にあてるのは分かりやすくて良かったです。骨格も3種類の中できっちりこれ!って人もいるでしょうし私みたいに他の要素が入っていたり、身長や手足の長さでも似合うものが変わってくるみたいでした。私の要素(肩幅や身長や膝下の長さ)では似合うアイテムの幅が広がると例を出して教えてもらいました。

ストレートだからこれはOKこれはダメというのももちろんあるでしょうけど、結局は全体のバランスが大切だと理解できたし、どうすれば自分に合う着こなしができるのか、過去いまいちだと思った着こなしのどこが悪かったのか、分かるようになりました。ストレートだけどスキニーを褒められることが多かったのは、うまい具合に全身のバランスが取れてたからなんだと思います。トップスをインしたらいまいちだった理由も分かりました。

また、ウエディングドレスやパーティードレス選びにも大きくかかわってくると感じました。私が選んだウェディングドレスは白もカラーも、今思えば色もカタチも私の診断結果にぴったりのものを選べていました。診断とか分からない当時も綺麗に着れていると思っていました。お呼ばれの時のドレスは良いときもあったし、後から写真を見てイマイチ..?のときのはそれなりの理由がありました。

そんなこんなで、受けて良かったです~!割とお手頃な値段のサロンを見つけたとは言っても安くはない金額だったけど、今後服選びで失敗することがなくなると思うと安かったです。良い投資でした。

小柄の友人を見てかわいいと思ったり、華奢だったり柔らかい雰囲気を持った女性への憧れがあっても、まぁ基本的には自分ことは好きだったんですよ(笑)。これはら似合うものが明確に理解できたことで、もっと自信持てるようになっちゃうかもです。年相応に綺麗にかっこよく着こなして、素敵に年齢を重ねたいと思います。あと、適度に運動もやります~。何もしなくてもそれなりにスタイル良かった20代はもう終わりました...これからは多少は努力せねば。