読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAT-TUN、10周年おめでとう。

私は何年も前にKAT-TUNから降りた。でも、今回のKAT-TUN楽曲大賞を全力で楽しみ、昨日は1日KAT-TUNの事を考えた。デビュー前の歌番組やバライティー番組を見て、デビューコンサートのDVDも見た。こんなにKAT-TUNに浸ったのは何年振りだろう。

私がKAT-TUNを見るようになったのは2004-2005のカウントダウンコンサートから。ハルカナ約束を歌う仁くんを見て転がり落ちた。

あの時のKAT-TUNは最強だった。すごかった。今も当時の映像を見るとそのオーラに圧倒される。彼らが「敵なし不可能なし」と歌ったのはその数年後だけど、当時からそんな感じだった。見る者を魅了し圧倒させる。ギラギラしていてこれでもかと言うくらい色気を振りまき、挑発し、心を掴んで離さない。

デビューこそしていなかったけど、仁くんと亀ちゃんは1年の間にドラマで2回も(ほぼ)主役。WSやCMも良く出て、ゴールデンのバライティ番組にもレギュラーとして出て、バレーの大会のサポーターも務めた。歌番組にも何度も出演して、年末のMステスーパーライブではオープニングを飾って大暴れ。コンサートの完成度もジュニアとは思えないほどだった。とにかく世間がKAT-TUNで大盛り上がりだった。ジャニーズに興味のない人も仁亀やKAT-TUNを知っていた。この期間にKAT-TUNファンでいられて、最高に楽しかった。

何度かデビュー?となったけど、話は流れ、その後にデビューが決まった。でも何故だかデビュー決まったときの状況や感情を覚えていない。大騒ぎして買ったけど...

その後のデビューコンサートの方が印象的だったのかもしれない。3/17のデビューコンサートに運よく行けて、GWは横アリに通った。当時は多ステ未経験だったら3日間で4公演行ったことはすごい経験だったし、その翌週の土日は東京ドームの2DAYSにも両日行っているから、当時の私は狂っていた。楽しくて楽しくて、仁くんかっこよくて、ソロのPinky最高で、亀ちゃんはエロくてかっこよくてキュートだし、聖くんはジャニーズとは思えないヤクザ感(でもとっても優しい)。じゅんのの長い手足と小さくて端正な顔とソロには惚れ惚れと言うよりは圧倒された。うっくんと中丸くんも楽しそうで楽しそうで。会場全体がデビューおめでとうーーー!!って雰囲気だったあのコンサートは最高な思い出。

仁くんが留学しちゃったときは動揺して落ち込んで怒って。戻ってきたら嬉しくて泣いて慌ててドームのチケット手配して。喜びの歌の“きみがいる 素晴らしすぎる”って歌詞を実感した。

とにかくこの数年間は濃かった。もちろん同時にV6ファンもやっていたんだけど、あの時の、KAT-TUNに対する、仁くんに対する熱量はすごかった。こんなに一人の人に熱中してときめいたり泣いたり笑ったり怒ったり大騒ぎすることはもうないかもしれない。

まあでもこの期間にも仁くんに対していろいろ思うことがあり、フェードアウトみたいな感じで2008年のコンサートを最後に行かなくなってしまった。いつの間にやらソロコンやってKAT-TUNのツアーには参加しないとか、脱退とかあって、KAT-TUNのこともMステや年末の歌番組で見るくらいになっていた。だからあまり印象がない。そうこうしていると、できちゃった結婚だ事後報告だ退社だとなり、「もうなんなのよーーー!!仁くんなんて知らない!!!!」と、とっくの昔に降りてたくせに、被害者ぶって持っていたKAT-TUN関係の雑誌の切り抜きや録画物やCDやDVDを処分してしまった。とても後悔している。結婚して引っ越しもあったとはいえ短絡的になるなよ私...

そんなことをしていたら、聖くんの退社。もう何やってんのよーーーー!!と外野のくせに怒ったし心を痛めた。亀ちゃんのあんな顔を見るのは何回目よ...と。

KAT-TUNをまたよく見るようになったのは少プレが始まってから。いいなあKAT-TUNって思うようになった。でも、正直4人で歌っている姿を見ても仁くんを探してしまう。とくに6人時代の歌。それが何となく申し訳ない気がして、4人は4人で素敵なKAT-TUNを作り上げているのに仁くんのことを考えるのはタブーな気がして、何とも言えない気持ちでテレビを見ていた。

心から4人のKAT-TUNいいね!って思えるようになったのは、去年裕翔にハマって、昔の裕翔見るか~とcartoon KAT-TUN II YouのDVD見たときかもしれない。消化できたような気がした。あと、KISS KISS KISSが好きすぎた。4人のKAT-TUNも最高だわ!と思ったのはKISS KISS KISSの影響もある。

そんな感じで、6人時代のKAT-TUNが大好きだったけど、4人のKAT-TUNもいいねえ~と見ていたら、じゅんの脱退とか言って、また泣いた。人数減りすぎよ....亀ちゃんのあの顔本当に何度目なの....

 

ほんっとうにさあ!!!!仁くんも聖くんもじゅんのもなんなのさーーー!そりゃアイドルだって職業選択の自由はあるけども!!!でもでもでもーーーー!!!4人のKAT-TUNも良かったよ??でもさ、本音を言えば、6人で10周年迎えてほしかった!人の人生はその人のものだから、他人の私が続けろ!って言う権利はないけど、強制できないけど、そんなの分かってるけど、でも希望くらいしたっていいじゃない!!6人のKAT-TUN、本当にすごかったんだから。たらればの話はあまり好きじゃないけど、あのまま、誰も減らないであのメンバーのままで10周年を迎えていたらどんなんになってたんだろうってどうしても思ってしまう。

こう思うことは今頑張ってKAT-TUNを支えてくれる亀ちゃんうっくん中丸に対して失礼なのかもしれないけど、この3人のKAT-TUNがダメと言っているわけではないけど、ダンスも仕草もエロくてセクシーで妖艶でかっこよくて機嫌によって差があるのは好きじゃなかったけどノッてるときは挑発的な表情も楽しそうな表情も素敵で誰よりも綺麗な声を持った仁くん、仁亀2トップは最高で最強だった。ヤクザかよーマフィアかよーー何だよそのエロくて露骨な歌詞とダンスーと思うけど優しくてお茶目な聖くん、入口出口田口ですばっかり言ってるけど誰よりも端正な顔立ちしていてスタイル抜群で見下ろされたら腰砕けになっちゃうほどの田口様オーラを放ち最高に楽しくてかっこいいソロを見せてくれたじゅんの、この3人も含めて10周年を迎えてほしかった。

そう思うけど、前を向いてKAT-TUNとファンを引っ張ってくれてる3人のことは心から応援している。3人のKAT-TUN最高だ!って思える日が必ず来る。だからこのまま走り続けて。見てるから。そして、できればこれ以上人数少なくならないで....

KAT-TUNだけでなく、KAT-TUNファンって素敵だなって最近よく思う。アンロック画伯も最高だった!KAT-TUNとファンの関係がとっても素敵で、KAT-TUNから降りたこと、少し後悔している。もし私が仁くんじゃなくて亀ちゃんファンだったら今その中にいたのかなって思うときもある。

脱退した2人のことをネタにできるKAT-TUNが好きだ。そして、充電器間というグッズを作ってしまうKAT-TUNが大好きだ。 ちゃちゃっと充電終わらせて戻ってきてね!待ってるから。

仁くんと聖くんのTweetも嬉しかったー。2人ともデビュー日覚えてて、それを言ってくれて。見たとき、心がぎゅーーーってなったよ。この2人がお互いフォローしあってるのも嬉しい。

自分の使えるお金が少ない私は、行きたいし買いたいけどKAT-TUNにお金を落とすことはほとんどできなくて、でもKAT-TUNKAT-TUNファンをこれからもずっと見ていきたいです。

亀ちゃん、仁くん、じゅんの、聖くん、うっくん、中丸くん、6人みんなおめでとう。