読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Endless SHOCK 2016と11年間の思い出

2月26日、今年もEndless SHOCKを観劇することができた。

SHOCKの世界観に魅了されている私は有難いことに2006年から毎年1回観に行くことができていて、今年は11年目11回目となる。毎年この時期に観に行っている。初めて見たとき、光一くんは26歳だった。今の私より年齢が下だったなんて。友人とちょっとオシャレしてランチかお茶をしてから帝国劇場に向かい、席に着く。何度観劇しても胸の始まる前の高鳴りは止まらない。夢中になって観て、観終わると、胸いっぱいになって「明日からまた頑張ろう」「来年も観に来れるといいな」と思う。私にとって1年に1度の特別な時間。

以下ネタバレです。

今年のSHOCKは大きな変更はなかったように思う。1年に1回しか観ていないし、もう何度も観ているからいつ何が変更になったのかはあやふやになっている部分も多い。ここ数年、私にとっての衝撃的な変更点が多く、ボー然としてしまう部分がいくつかあったが、今年はそれがなかったように思う。去年までのその変更点を理解した上で新たな楽しみとして観ることができたように思う。

ここ数年で私が衝撃を受けた変更点。

  • AMERICAがなくなった

私はこのAMERICAが大好きだった。1番好きな曲だったかもしれない。だから去年AMERICAがなくなったの知ってショックだった...でも新しい曲も好きな気がする...とは思った。でも1回だけだから分からないし、ショックを受けてる真っ最中だから楽しむ余裕もなくて。今年も、AMERICAがなかったのは悲しかったけど、新しい曲は歌もメロディーもダンスもとても好きで、心から楽しんで観ることができた。でもどんな曲かもう忘れたからサントラ出してほしい。

  • バックステージのコウイチとヤラ

今までセリフだった部分が曲になってミュージカル感アップ。最初観たときビックリしたけど、今年もビックリした。良いとか悪いとかは特にないけど、今までセリフだった部分が意味合いそのままで歌になるからビックリしちゃう

  • Continue

これは一応は受け入れたけど、好きにはなれない。たぶん今後も。Continueにそれまで使われていた曲を掛け合わせて、舞台の締めにフラッシュバックのように思い出してもらおうとしているのは分かる。壮大になっているのも分かる。でも曲と曲が喧嘩しているように感じる。そしてダンサーさんのカラフルなびらびら(分かる人には分かるはず)がなくなっているのが悲しい。Continueの途中であのびらびらをみんなが一斉に広げるところ、大好きなんだ...

ここ1-2年の変化だとこの3つが大きい。もう少し期間を広げるとロミオとジュリエットがなくなったとか、Watch meとWhy don't you dance with meがなくなってしまってHigherになったとか...自分にとって良い演出はさくっと受け入れて楽しむのに、好きだったものがなくなったり変わったりするとなかなか受け入れられなくて自分勝手だなあとは思う。

Love and LonelinessとSOLITARYはどちらかと言えばLove and~の方が好きだけど、SOLITARYも素敵で両方観たいし、NY NIGHT大好きだったけどONE DAYはそれ以上に好きで、でも前のも観たいから両方観たい...みないなこともある。

そんな感じで、毎年あの曲だなくなったとか変わってしまったと動揺する部分もいくつかあったのだが、今年は私が気になる範囲ではそれがなかったので冷静に観ることができた。冷静と言っても、最初のキラキラした部分は心から楽しんでワクワクしながら観ているし、雲行きが怪しくなってからは「リカもそう言っちゃうから...」とかいろいろ思いながら観るし、殺陣のシーンでは泣きそうになる。階段落ちの前のシーンも「コウイチも挑発しちゃって冷静じゃないんだなあ」なんて思うし、シェイクスピアのシーンは数年前から夢だと理解はしたけどまだ難しいし、コウイチの亡霊が出てくるシーンはヤラの気持ちを考えて苦しくなる。ショーは圧倒されるし、光一くんは美しいし、全然冷静に観れていない。

今年の事で敢えて書くとしたらリカ役の小南満佑子さん。もう可愛かった!お芝居も歌もダンスも日舞も上手だし、可愛いし、グラマラスな体型もとっても素敵だった。いつもは光一くんが出ている場面では光一くんにロックオンなのだが、今年は気付けばリカを目で追ってしまう、とても魅力的なリカだった。

 今年は2階のC列で観ていたんだけど、ハシゴを使ったフライングのとき、光一くんの顔がすごく苦しそうで。今まで2階席だったこと結構あるけど、こんなに苦しそうだったかなあと...。この時に2階席に光一くんが飛んで来るだけど、その前になったら私も含め2階席の人たちの姿勢をぴしっと座りなおしてて、「みんなこー様向かいいれる準備してる...」とちょっとおかしかった。

それから私はフライングの前に「準備できたよ~」の肩トントンと、後に「外したよ~」の肩トントンに非常に興奮すると言うことに気づいた。光一くんと、その金具取り外し係に信頼関係があるから、そこに興奮するのかもしれない。

今年の件で敢えて書くのはこれくらいかな。 

ここでSHOCKの話をするのは初めてなので、今までに印象に残っていることを。

  • ライバル役

亮ちゃん、斗真くん、内くん、屋良っちを観たことがある。みんなにそれぞれ良さがある。私もSHOCK初めてでストーリー把握するので大変だったからそこまでちゃんと観れていないかもだけど、すごく好きだった。お芝居も歌もダンスも。Watch me がかっこよくてかっこよくて引き込まれた。斗真くんは歌もダンスもお芝居もすごかった。個人的にはもう1度観たいライバル役No1。内くんは歌とダンスはあまり私好みではなかったんだけど、両刃の刀での殺陣はダイナミックで華やかだった。屋良っちはダンスとお芝居での迫力。翼くんを観ていないのがちょっと心残り

  • リカ役

神田沙也加さんの歌の上手さ。上手すぎてビックリした。お芝居もとても良かったのに、なぜか私服の衣装がピンクのふりふり系で「NYにそんな恰好した人いるかい...」と思った。他のリカ役はシンプルな衣装だったのにね。原田夏希さんはお芝居が好きだった。毎年「今年のリカは...」って話はするけどそんなに印象には残ってないのかも。

  • オーナー役

1番好きなのは美波里さん。とにかくかっこいい。足長い。歌もダンスもかっこいい。森久美子さんは最初の登場のときのあの迫力は忘れられない。全てが大きくてインパクトがすごい。森さんの胸1つが光一くんの顔の大きさくらいだった。秋山くんと大倉くんのオーナーも良かったけど、私はこの2人女性のオーナーが好き。植草くんのオーナーはあまり好きじゃないんだけど、でも去年美波里さんが怪我したときに一晩で全部覚えて代役で出演したと聞いて印象が変わった。

  • MA

好きだったなー。特に町田くんが。光一くん大好きな町田くんが大好きだったから、今でもSHOCKを観ると恋しくなる。米花くんも好きだ。もう2度とSHOCKのステージで観ることはできないのが寂しい

  • 光一くん落下

殺陣のシーン。台がいくつかあって、飛び回りながらの殺陣。私は光一くんを追いかけているんだけど、いつだったか視界から光一くんが消えた。すぐ視界に戻っては来たけど「あれ?」と思って幕間に友人と「光一くん落ちた?」なんて話していた。最後の挨拶で光一くん本人から「落ちた」と聞いて、あぁやっぱり...と。特に怪我とかはなかったみたいだけど、「ステージは生き物なんだね..Show must go onなんだね...気を付けてね...」と思った案件

  • 最前列

2010年、最前列だった。最前列だと奥の方は観えづらいとかあるけど、その時でもう5回目だったし、とにかく近くを楽しもうと。光一くんの髪の毛も汗も血管も肉眼でクリアに見れて、呼吸困難になるかと思った。スタンディングオべーションのとき、近すぎて、手の届きそうなところにいて、思わず仰け反った。

  • 2階席センター

最前列ではなかったけど、5列くらいでセンターの時があった。光一くんが飛んでくるところ・・・!と思いドキドキしながら入った。飛んできた。みんな仰け反ってた。もちろん手は組みながら。光一くんが自分に向かって飛んでくるなんて緊張する。

11年間分の思い出があるのに、言葉にするとこれだけしかないのはなんで...観劇中は次のセリフを心の中で言って答え合わせしたりしてるし、日常でも「いつだってそうしてきたから...だってそれしか分からないし…」とか「あなたの身体、こんなにも冷たい」とか言ってるのに。"あなたの"ではなく、"わたしの"に変換しているけども...(冷え性)。石垣島で星空を見たときは、「満天の星よ...!大地よ....!」ってセリフが勝手に口から...

 私はEndless SHOCKという作品が好きだ。好きだし尊敬している。1年間の原動力になっている。光一くんの違う舞台も観てみたいかも...とか、新しいSHOCKも...とか、SHOCKやってるからドラマとか出れないのかなあとか思うこともあるけど、やっぱりまだ観たい。毎年やっているから今後も毎年あるような気になるけど、そんなことはなくて...この舞台がいつまで続くのかは分からない。光一くんがこの作品を辞めると決めるときまで、毎年観れたらいいなと思っている。

光一くんをはじめ、カンパニーの皆さんが、千秋楽まで怪我や事故などなく無事に走り抜けられますように。