V6 LIVE TOUR 2017 the ONES

今回のV6のツアーも無事に終わりましたね。お疲れ様でした。ゲリラ豪雨で始まり、台風で終わるという...次回はぜひグッズに傘やバスタオルを…

私は、初日8/11名古屋、 横アリ10/9、10/17に入りました。

昔はもっと沢山入ることもあったからかコンサート終わるとロスになったり、入るの最後の公演は途中でもう終わってしまう〜と悲しくなったりしたけど、ここ数年は余韻で結構長いこと生きていけるのでロスにはならず終わってもぽやぽやしています。せっかくのコンサート、悲しくなるより私にはこっちの方が良いです。

私の文章長くて途中でやめても大丈夫なように今言っときますけど来月このツアーがWOWOWで放送されるので、興味のある方はぜひ。長野くんのお誕生日公演!

f:id:inunekobiyori:20171024192623j:image

f:id:inunekobiyori:20171024192635j:image

f:id:inunekobiyori:20171024192647j:imagef:id:inunekobiyori:20171024192652j:image

 ツアトラって、こういう風に顔写真とか載っていて分かりやすくて展示もしてくれるグループと、ないグループあると思うんですけど、違いはなんなんでしょうね。

あと、今回はみんなでモザイクアートを作ろう!みたいな企画があって、コンサート前に写真を撮りました。どんなモザイクアートができるのか楽しみです♡

 

2013年も2015年も泣いて終わったV6のツアーなので(2013年は私の最終公演で岡田ファンがスパノバのやつ当たった、2015年はオーラスのデビュー日に入れなかった)、幸せいっぱいの気持ちのままポジティブな気持ちで終えたツアーは2011年以来です。2年に1回になったから上書きまで時間かかる。この2つはトラウマの蓋を開けるのが怖くて円盤買ってもまだ見れていないので、今回楽しみ!でもその前にWOWOW!!

席もだんだんメインステージとセンターに近づいてって、名古屋8/11バクステ側スタンド中~後列(下手)、横アリ10/9センターメインステージ横の端の方(上手)、10/17センター前方花道横(上手)で、出来るだけ正面から見たい私は徐々に正面に寄って行くのはありがたかったです。最後ほぼほぼ真正面でめちゃくちゃ嬉しかった!ちなみに名古屋のチケットは私の名義。友達2人とも良い席当ててくれたのに毎回申し訳ない。(私のV6名義の席は毎回良くない)

 

それでは印象に残ったところ。長野くんお誕生日公演の感想は前の記事で書いたのでそれ以外を。

 

OP映像の剛くん

剛くんしか覚えてないくらいパーマの剛くんかっこいい。初お披露目の初日の名古屋ではガイシの天井割れるかと思うくらいの歓声でした。

 

Can’t Get EnoughとNever

ダンスナンバーだけどテンションぶち上がる曲じゃないのが1曲目って結構Vコンあるあるな気がします。OP映像の最後が椅子に座ってて、それでモニター開いてその状態のV6が登場。映像とリンクしていてかっこいい。オシャレなのは分かるんだけど、特別好きという曲ではないので、ほぅ...この曲が1曲目か...くらいですが、やっぱりスタイリッシュでおしゃれです。2曲目のNeverは歌もダンスも好きだから生で見れて良かったです。手を時計の針みたいにするダンス好き。そんなに激しい曲じゃないのにめちゃくちゃ踊ってて、こちらも息をのんでしまいます。この2曲、いつテンションぶち上るかとドキドキしながら見てます。

 

最っ高の BEAT OF LIFE

この曲をセトリに入れた人!セトリのここに入れた人は誰ですかーーーー!?最高!ありがとう!!!!超かっこいい!!1曲目2曲目がギャーっとなるタイプの曲ではないし、まさかこの曲が入ってると思わなくて名古屋でギャーーーー!ってなりました。知っててもテンション上がる。3年前のカップリング曲よ!好き!ダンスもかっこいい~!歌もダンスも照明も全部最高。途中から花道歩いてセンターステージに移動するんですが、移動の時、one,a two,a three five fourに合わせたリズムで移動するから移動してるけど踊ってて本当にかっこいいし、だんだん迫ってくる感じでギャーーーどころではないです。いやーーー最っ高。サビに入る時のちょっとためてから入るダンスも最高でなんかもう私の中の何かがあのタイミングで解き放たれます。ジカジカッ♪

 

Answer ~ Remenber your love ~ Round&Round の演出やばい3曲

この次の刹那的Nightも合わせて怒涛のアルバム曲披露。最初に見たときは、こんなに最初に一気にアルバム曲やっちゃって大丈夫?と思ったんですけど、続けてやることで世界観がころころ変わり、ひたすら圧倒されるというのは良いなぁと思いました。圧倒されて最初に見たとき、「なんかすごかったけどあまり覚えてない...」状態になりました。3回観たからいろいろ分かったのか、正面から見れたからいろいろ分かったのかは分からないけど、やっぱり正面から見ると「これが見せたかったのか~!」とスッキリします。

Answer:最初は後半の花火と火柱のインパクトがすごくてそれ以外のこと忘れたんですが、モニターすごい。モニターに映る映像もすごいし、モニターいくつもあって可動式で斜めになったりするし縦横無尽動く。制御大変そう。モニター10枚くらいに全部同じ人映るのインパクトすごい。斜めになったりするし。この曲は踊らないんだけど、映像とか特効がすごくて、踊らなくても魅せるということに重点置いたのかなと思います。ステージの頭上でいくつも巨大なねずみ花火みたいな花火がぐるぐるして、下からはボンボン火柱上がってたまらない。その時にモニターでは火がメラメラ。ハァーーーーV6が村を焼いている。演出がすごくて肝心のV6の顔はあまり見えないけど、V6が乗ってる装置の動きめちゃくちゃかっこいいし、坂本くんからソロパートある順に出てくるのも、その登場の仕方もめちゃくちゃかっこいいです。シルエットがかっこいい。最初の坂本くんの雄叫びはすごくて坂本くん帝王だったし我々は帝王を拝む平民になっていた。

Remenber your love:フォーメーションも、ダンスも、モニターの映像も照明もすごく綺麗。静かな曲だけどめちゃくちゃ踊るしフォーメーションころころ変わります。

Round  & Round:モニターに映る映像とのリンクがすごい。モニターに映し出される映像とV6がきっちり揃っていて、ただただすごいです。映像も単調ではなくて次から次に変わって、V6もそれに合わせて変わって。映像とV6の動きのマッチングがすごくて、ステージ上がぴったり寸分の狂いもなく1つになっていました。

この3曲は演出が本当にすごくて、ハァ文明の利器よ...と人類の英知とそれを使いこなすV6とスタッフに感謝です。全部のグループの演出見たことないけど、たぶんVコンが最先端。照明暗めだしモニターや特効の光も強いしV6の顔は暗くてあまりよく見えないんだけど、でも全体的に見ると本当にすごくてV6の作る世界観に圧倒されました。村を焼くV6がとにかく最高。

 

牢の中で歌い踊る 刹那的Night

踊りながらセンステに移動するのかっこいい。“刹那night 刹那的 刹那いトキ 刹那 せつなさは敵 ”の部分で何度も止まってポージングしながら移動なので、BEAT OF LIFEと同じで移動してるけど踊ってるようです(そう考えるとSOUZOの物足りなさは移動が普通だったからなのかなあとも思います。SOUZOはセンステ固定でガッツリ見たかった)。途中からセンステの上からシャンデリアみたいなものが下りてきて、V6はその中で歌って踊るんですが、牢屋みたいで牢の中で踊るV6がすごく良くて。柵が邪魔で少し離れた席からだとあまり顔がよく見えないんですけど、でもやっぱり牢の中で踊るアイドルは良いです。牢の柵?のキラキラ感と西陣織の衣装がすごく合っていました。最後のチャ~ラララララチャ~ラララララ~のすごい勢いで細かく踊るところが特に好きでテンション上がってゾクゾクします。

Answerから西陣織の衣装なんですけど、坂本くんの脚の長さに惚れ惚れしました。そしてカボチャパンツみたいなのに包まれている健ちゃんのお尻は小さいんだろうなあ~とか考えてました。岡田くんは大きい(どの衣装でもそうだけどこの衣装詰まってるから余計そう見える気がします)。

 

 穏やかで優しさに溢れた曲たち

ここまでは演出やダンスがすごい曲たちのことを書きましたが、Beautifu World、COLORS、by your side、太陽と月とこどもたち、足跡などもすごく良かったです。トロッコや花道でのお手振りや、静かにしっとりと歌ったり、踊ったり。Beautiful WorldとCOLORSはここ数年のシングル曲の中でもかなり好きなのですが、やっぱり生で見て聴くというのは良いですね。太陽と月とこどもたちは、メインステージのモニターに今回グッズのデザインをしてくださった方のアニメーションが流れていたのですが、これがすごく素敵で。名古屋ではバクステ側だったので見えたんですけど、横アリではセンステより前の席だったから逆で見れなくて。映像化してほしい...。この曲の途中、6人が内向きに円になって歌ってるところ、あの6人が向き合ってる景色がすごく穏やかで優しくて美しかったです。ちなみにこの曲はセンステではけるんですけど、その直後にガーーーーって音が花道から聞こえて、中では台車で移動しているということが分かりました。えー台車に乗ってるV6超かわいい。見たい。

横アリ1公演目のCOLORSで岡田くんに執着してしまう自分とお別れして(詳しくは前回の記事で)、その公演から私は健くんのうちわを持っていたのですが、健くんってうちわ見てくれる~手を振ってくれる~~と思いました。10年以上岡田くんのうちわ持ってたけど、個別に手を振ってもらったことすらないかと(笑)健くんすごいなって思うのは、手を振るにしてもファンそれぞれに振るというところです。勘違いでなければ。全体的に振ってるように見えて、「あ、今私に振った、あ、後ろの人に振った、その後ろに...」って実際に受けてみると分かりました。そして、近くで見ると大体みんな発光してます。長野くんの神々しさすごい。

 

ファンが興奮するトニ曲カミ曲?

トニ曲は女性と一緒に踊ってる設定。カミ曲は....えーっと、セックスしてる設定。カミセンが一方的な抱いているとは違うんですよ...あくまで共同作業的な?ね?結構この2曲はやばい...という声を聞くのですが、私の琴線には触れなかった2曲です。

会って話を (トニセン):モニターの歌詞の出し方素敵でした。歌も綺麗。10/17は坂本くんが袖を通した瞬間ジャケットがハンガーから落ちちゃって、それでもきりっとした顔でやってるんだけどでもやっぱりもたもたしてて、途中からイノッチがそれに気づいてチラチラ見てるし、歌い終わってジャケットをかけたときにジャケットに向かって「こらっ!」ってちょっと軽く叱るみたいに言ってておかしかったです。

Get Naked (カミセン):歌詞も自撮りも腰突き上げたりしてるのも、まあ性行為を連想させるんだけど、私は彼らを性対象として見ていないから戸惑いました。寝ながら腰突き上げてる姿は、ショルダーブリッジっぽいなーとも思ったり。あの薄い幕に自撮り映像映るのは、最初の2公演はへーって思うくらいだったんですけど、センター前方から見たときは、その迫力に仰け反りました。目の前いっぱいに広がるカミセンの自撮り映像に圧倒されたというか...「でも俺にメロメロなんでしょ?」と言いながら迫ってくる感じ。3回目は、よし私は今から抱かれてくるわ!と思って、自撮りの映像や彼らの動きに合わせて「今私は横にいて見つめられてる...今は私は上に乗ってる...騎乗位....」とかまあ考えてみたけど、やっぱり興奮しなかったです。監視カメラすり抜けてキスしてたカミセンどこ....

 

私の一番の興奮ポイント SPARK ~ MANIAC 

この2曲の流れ最っ高!大好き!Answerらへんの演出もうわぁすごいと思ったんだけど、好みで言うとBEAT OF LIFE(興奮ポイント2位)やこの2曲がもう!!!!私の好みドンピシャ!大好き!!衣装も黒とショッキングピンクで好きな色の組み合わせ!この2曲、カップリングなんだけどCD聴いたときに、どっちかはやってくれるかな?ダンス付きで見たいな~って思ってたので、2曲とも最高の演出で魅せてくれたのがすごく嬉しかったです。どちらかというとMANIACの方がコンサートで見たい気持ちが強かったので、初日にSPARKかかった時に、MANIAC落ちたか~と思ったんですけど、次にMANIACになって嬉しくて!カラフルな炎もネオンっぽいセットも照明もレーザーも大好き!ダンスも好き!そしてこの2曲ってソロパートも多い気がするんですけど、カミセンの3人のそれぞれのパートが好きで。目で見ても耳で聴いても私好みで、多分一番円盤での再生回数が多くなる箇所だと思います。「スバラシMANIAC!!」の健くんの腰の動きと足の動きと腕の動きと手の動きと表情がたまらない。

 

幸せいっぱい レッツゴー6匹 ~ トロッコでシングルメドレー

MANIACで興奮が最高潮に達した後、「はじまるよ~はじまるよ~~」となるのは、少しほっとする時間をくれたのでしょうか。曲もMVも幸せいっぱいの曲で大好きなんだけど、6人がぎゅぎゅってくっついて歌って踊ってくれたのは、すごく楽しい!みんなで肩組んでラインダンス?っぽいのも良い~!

途中からトロッコになってそのままシングルメドレー。ここで名古屋では全員スタンドだったのに、横浜は私が入った2回ともスタンド4台センター2台になっていました。センターは10/9が坂本くん岡田くん、10/17が坂本くん森田くん。坂本くんは階段上るのもしんどいのかな?センターにいると全員スタンド行っちゃうより楽しいですが、スタンドの人は好きな人が1回もこないの悲しいよなあと思いました。

シングルメドレーでは「ほら!坂本くんのセクシーくるよ!セクシーちょうだい!!!」「剛くんのシェケラだよ!カメラ見て!!!」と岡田くんが興奮気味にポイントをしっかり盛り上げてくれます。岡田くん落ち着いて...とこちらが思うくらい興奮気味に。注目されてる坂本くんや剛くんはかっこよくやったり、ちょっとおどけてみたり。名古屋では愛なんだもこのメドレーに入っていましたが、それがなくなって本気がいっぱいになっていました。

 

追加部分の MUSIC FOR THE PEOPLEと愛なんだ

横アリでみんながセンステに集まって縦一列に並んでMFTPの前奏かかったとたん、キターーーー!感すごかったです。追加になったのは知ってたけど、どのタイミングでどういう風に追加になったのか知らなくて。名古屋では最初から最後までセンステでがっつり踊る曲なかったし、やっぱりフッフー!はVコンではやりたいので、この追加はかなり私好みでした。この曲を横とか斜め後ろからこの曲見たのたぶん初めて。特効はメインステージだったので、後ろでドッカーンってなったときびっくりしたし背中暑かったけどそれも嬉しい。レーザーもすごくて、センターから見ても、細かい光の線がセンターステージ上に細かい網目を作っているのがしっかり見えて、すごいものを見ている...となりました。

MFTPではトニセンのパートの時、岡田くんは健ちゃん見ながらニヤニヤニヤニヤしたりしていました。愛なんだも、踊るようにしてくれたのは嬉しいです。「どうして~こ~んなに~みんなは可愛いんだろう!」という坂本くんの替え歌あったり、踊るけどみんな楽しんでいて、長野くんの誕生日はみんなで長野くんのお尻叩いたり、健ちゃんから長野くんへほっぺのチューが本当に綺麗だったり、すごく優しい空間でした。

 

最後の挨拶と ボク・空・キミ

最後の曲の前にいのっちから一言あるんですが、名古屋では「それでは最後の曲です」だけで寂しかったです。本当は全員分聞きたかったし、前回も前々回もその前も?全員話してくれたと思うのに、どうして今回はなくなったのか。それが無理ならせめて代表者の言葉を聞きたいと思いました。横アリでは少しだけど話してくれて、それだけですごく嬉しくて。

 10/9 「今日はありがとうございます。長野くんの誕生日という記念すべき日に同じ空間で過ごせることを嬉しく思います。」

10/17「今日はありがとうございます。V6を選んでくれてありがとうございます。」

 ニュアンスだけどこんな感じです。この後に「これからもV6をよろしくお願いします。それでは最後の曲です。」

シャボン玉がふわ~ってV6の前を舞って、すごく幻想的で素敵な空間でした。

 

アンコール The ONE ~ ハナヒラケ ~ WAになっておどろう

The ONEが本当に優しくて暖かくて。この曲って歌詞がすごく好きで、V6のことや、V6とファンのこと歌ってくれてるのかなって気持ちにもなります。横アリの「離れてても会えなくても僕らはひとつさ」の岡田くんのパートで、岡田くんが指を立てて差し出してみんなががそこに指を重ねていって、一つになって6人みんなでゆらゆら揺れている光景は目が熱くなりました。私はV6が大好きだなって思って。

ハナヒラケとWAになっておどろうは会場散らばって。トロッコもあったかと。坂本くん「明日からも頑張ろう!」。

前回も書いたけど、長野くんお誕生日の、健ちゃんから長野くんへのおでこのキスは本当に素敵だった…

 

Wアンコール Cloudy Sky と トリプルアンコール Change The World 

名古屋初日ではなかったCloudy Skyを横アリでは2回とも聴けました。この曲聞けなかったのホント初日悲しかったし、なんでセトリ落ち!!!って怒ったから、ダブルアンコールまで固定になったの嬉しいです。健ちゃんとイノッチが花道ダッシュして競争してるのも良かった。そのままバクステや花道で歌いながら手を振ったりしてくれます。

10/17は花道真横の席で、その席を取った友達に一番端にいてもらったんですが、アンコールとWアンコールで私ともう一人の友人にその席変わってくれて。そしてこの時は私が花道1列目にいたんですけど、向かってくる岡田くんをぽやーっと見ている私の前で足を止め、私を見て私に会釈してきた岡田くんは....私は会釈を返すことしかできず、そうしたらそんな私を見た岡田くんが笑いながらもう一度会釈をし、私も笑いながら会釈を返し、2人でニヤニヤしながら2-3度会釈をしあうという謎の交流がありました。今まで10年以上岡田くんのうちわ持ち続けていたのに!その間個人的に手を振ってもらったことすらないのに!健ちゃんのうちわ持った途端になんでー!みたいな気持ちです。混乱してたら後ろにいた友人2人がバシバシ私の背中を叩きながら大笑いしてくれて、それを見たらワーーってなれました。ありがとう~

トリプルは私が入った公演では長野くんのお誕生日公演だけでした。名古屋ではダブルすら結構粘ったのに出てきてくれなくて、えーーーという気持ちでしたが、横アリ10/17はトリプル結構粘っても出てこなかったけど、それでもアンコールの声を届けられて良かったと思いました。最近行くコンサート(JUMPやSexy Zone)では、もう出てこないとファンが勝手に判断してすぱっと終わることばかりなのですが、出てくる出てこないに関わらずアンコールの声はもっと見たいという気持ちがあるのなら出した方が良いなあと私は思います。不発に終わってもいいじゃないの。

 

「愛してるよ」 とか「かわいいね」とか沢山言ってくれたなぁ♡ 

 

以下MCメモ

今回、岡田くんが、コロコロ話題変えて、いちいち説明してくれるイノッチは大変そうだったけど、とにかく岡田くんがご機嫌で楽しそうで良かったです。私が恋するのは端っこの方で言葉少ない岡田くんだけど、V6と一緒にいてリラックスして楽しそうな岡田くん見てると良かったな~って思います。

 

健ちゃんのこう優しく宥めてくるというか掌でオタクを転がしてる系がすごく好きです。ころころころころ.....

 

後は、前日にいのっちと健ちゃんが道でばったり会って、呼ばれて振り返った健ちゃんがめちゃくちゃ笑顔だった話(そして昔剛くんと健ちゃんがばったり会ったときに、チンピラかと思って健ちゃんが1回無視した話)と、坂本くんが犬の散歩で週刊誌に撮られて日曜のお父さんみたいだった話が面白かったな。

それから、初日に段取り間違えちゃった健くんが最高でした。

 

ということで、今年のツアー終わり!お疲れ様でした。次はまた2年後になるのかな?来年やってくれても良いですけどね。とりあえず、来月11/25のWOWOWが楽しみです♡

広告を非表示にする

V6 the ONES 長野くん誕生日公演

10月9日、長野くんの45歳のお誕生日にV6のコンサートに行ってきました~!良かった~!なんかまだ幸せでにこにこしちゃう。多幸感で胸いっぱい。今週も1回行く予定だけど、とりあえずこの日の感想。

 f:id:inunekobiyori:20171015233226j:image

このツアーの初日(名古屋)にも行っているんだけど、終わった後にちょっと不完全燃焼感があって、Vコンてこんなだった?とびっくりしちゃったのよね。挨拶がないとかCloudy Skyのセトリ落ちとかまあ他にもいくつか理由があって...。

もちろん好きーー!!って演出もいくつもあったんだけど、なんかこう終わった後にすっきりしなくて...特に嫌なことがあったわけじゃないのにそんな風に思うなんて私がVコンを無条件に楽しめなくなっちゃった?私が変わった?岡田くんが近くにきても溢れんばかりの好き!って気持ちがなくなったから??とか思って悶々としたりしてたけど、横アリ公演楽しかった!

名古屋でも好き!って思ったところはやっぱり最高だったし、物足りないと思ってたところに私好みに追加されてたのもあってし、すごい良かった。

名古屋ではメドレーでお手振り曲だった愛なんだのところが本気がいっぱいに変更されて、その後にセンターステージでMUSIC FOR THE PEOPLEを追加でがっつり。そのままセンステで愛なんだを踊る仕様に変更。ここの変更と追加すごく良かった~!そしてCloudy SkyがWアンコールで追加。

MFTPの追加は聞いてたけどどこでどういう風に追加になるのか見てなくて、センステで前奏始まって6人が縦に並んだ時にはキャーーーーー!となった。そして大好きなCludy Skyが聞けたのも良かった。名古屋では聞けなくて悲しかったよ。

初日も最高と思った、BEAT OF LIFEやSPARK~MANIACやレッツゴー6匹はやっぱり最高だったし、特効とステージ上のねずみ花火?の印象しか残らなかったAnswerはモニターもすごかったし(映像もすごかったけどモニターもあちこち動いたり斜めになったりするのよ!)、刹那的nigthの最後のめっちゃ早く踊るところはテンション上がるし、the ONEの最後の「僕らはひとつさ」で岡田くんが指立ててそれにみんな手を重ねてタワー作ってゆらゆら揺れてる姿は胸が熱くなった。

振りが決まってない部分ではやっぱり長野くんスペシャルでみんな円になって長野くんを真ん中に入れたり、長野くんを抱っこしたり、お尻叩いたり、なんか幸せそうで。

 

そして私の気持ちにも変化があったかな。名古屋でもう私は岡田担じゃないか~と確信して、その後友人や夫に「長いこと岡田担として生きてきたけど、降りることになりました。」と報告して、まあこの夏に15年近く岡田担と掲げていた看板を下ろした。それでも岡田くんのことやV6のことは大好きだから、Vコンにはこれからも行くんだけども。

で、6:2:1:1(三宅:岡田:森田:トニセン)くらいの割合で見てたと思うんだけど、健ちゃんを目で追ってるの楽しかった~!顔も綺麗だし、細いし、にこにこきゅるきゅるしてるしさ~。なんかもうすっごい幸せだった。

9/18のラジオで、「トロッコ通り過ぎたら次のトロッコの方に向いちゃってるから僕と目が合わないんだよ。僕のことをずっと見てれば絶対に目が合いますよ。」みたいなこと言っていたから、通り過ぎた後も次のトロッコ見ないで健ちゃんのこと見てたら本当に目が合って手を振ってくれるんだわ~。わーい♡

 

この公演は、MCでもお誕生日会したり、みんないつも以上に長野くん長野くん言ってたり絡んでたりと全体的に長野くんスペシャル公演だったんだけど、1番ひゃ~~となったのは、アンコールの時に健ちゃんが長野くんのおでこにキスしたところ。

 

花道で健ちゃんが持ってたタオルを長野くんの首にかけて、少し見つめあった後に、健ちゃんちょっと背伸びして、長野くんを引き寄せて長野くんのおでこにキスしたのよ。

長野くんは健ちゃんに合わせてちょっと屈んでキスされてたのよ。

 

私はこんなに神々しいキスを見たことがないよ...思わず普段やらない文字サイズの変更もしちゃったわ。38歳男性と45歳男性のキスがどうしてこんなに美しくて神聖に見えるんだろうか。顔も仕草も美しいからなんだけども。この様子、映像に残ると良いなあ。

あと、愛なんだの途中でも、健ちゃんは長野くんのほっぺにキス。この時もおでこの時も、キスするまで少し間があって、見つめあったりしてて、長野くんも受け入れ態勢整ってるのが良いよね~。不意打ちも良いんだけど、なんかこの2人の間合いがすごく良かったなー。ハァーーー美しかった。

 

それから、カミセンMCの最後に、

健「次行くよ。なに?行きたくないの?」
  \ヤダーーーーー/
健「いきたくない?いきたくないよね?そうだよね....」
「ワガママ言わないで.....」

 これがもう...たまらなかった。この窘められて感がもう!もう!!!もう!!!!!!すごい好き。

 

長野くんのお誕生日企画は、V6のサイトで募集していた長野くんのいいところが40個ケーキに書いてあって、それにメンバー5人それぞれ出した長野くんのいいところが書かれたクッキーを貼っていくというもの。私が書いたのも書かれてたよ。どんなケーキだったかは、V6サイトのスタメモと、ジャニWEBのにこにこ健459に載ってるので是非!

ケーキを搬入するとき、いのっちが「じゃあ岡田と健よろしくー」と言ったら健ちゃんが「え?」って本当に分かってなくて、まあすぐ思い出して裏に行ったんだけど、坂本くんが「健に段取り任せたらダメでしょ」と言ってたのも良かったし、VTRを見ながらパクパクケーキの周りのイチゴを食べてる健ちゃんも、坂本くんが長野くんの良いところを発表している間にこそこそスタッフさんに持ってきたもらったバナナ食べてる剛くんと岡田くんも良かったな~。

長野くんからの一言の「年齢を理由にしないでこれからも踊っていたい」という言葉は嬉しかった。すぐイノッチが「ボックスだってダンスだから70歳80歳まで踊れるよ!」って茶化してたけど、でも気持ちが嬉しかったな。

5人が長野くんの良さを話すVTRは長くなっちゃったからDVDで見て!って言われて会場でも少しだけ。学校へ行こうスタッフが作ったらしいから今から楽しみ♡

坂本くんは長野くんのギアチェンジの上手さをいいところとして発表していて、プライベートで一緒に車に乗ってるのかな~って微笑ましい気持ちになったし、イノッチが言ってた「家族思い」は長野くんのお父さんの話だったけど言われた瞬間は奥さん思い出して私が長野くんファンなら怒ってるぞ!って感じだったし、健ちゃんはよくつや玉なんて言葉知ってるねえエリクシールのCMだねって感じだし、剛くんは食べてる最中に発表する番になって、食べきれてなくてハムスターみたいになってみんなにやいやい言われてたのかわいいし、そんな剛くんが長野くんの良いところをを一言「かわいい」と言っていて、かわいいが溢れてた。岡田くんは長野くんが優しいってこととほほ骨のことを書きたくて2つをくっつけて「ほほ骨が特徴的で優しい」とか子供?って感じだったし、まあそれぞれ面白かったわー。

後は、デーモン閣下の話から岡田くんが長野くんに「お前を蝋人形にしてやるって言って~」ってお願いして、長野くんは「お前を蝋人形にして.....やらないっ!」って言ったら岡田くんが「して~~~!蝋人形にして~~~~!」と大興奮で悶え始めて、いのっちに「個人的な快楽を求めるんじゃねーよ!お前だけだよ興奮してるの!!」と言われ、変なところで大興奮している岡田くんを見ているという場面が。岡田くん楽しそうね!

健ちゃんの首が痣だらけでキスマークみたいだなあと思ってたら、岡田くんから「また鍼打ったの?キスマークみたいになってるよ」と説明してくれてありがたい。

カミセンMCでは見学に来ていた岡本くんの紹介。ちゃんと歌ってる?と聞かれて「歌ってます。....ジガジガッ♪ジガジガッ♪」ってBEAT OF LIFEチョイスするの良い!それから、お父さんに似てきたと言われ、「今日お父さんの服を勝手に着てきました!」とジャケットを脱いで岡本健一さんの私服を見せてくれた圭人りんよ。いつも暗い色の服ばかりだから、目立つの着ようと思って黄色のお父さんの服着てきてるの可愛い~!お父さんの話になったとたん饒舌になるのかわいい。それまでしどろもどろだったのにね。

 

ってことでめちゃくちゃ幸せになりました~~。

ハァーーー1週間経っても健ちゃんの長野くんへのキスの神聖さがすごい。

 

そして!この素敵な公演が来月見れるとか何のご褒美なの!

WOWOWで11月25日に放送だし、この間やっていたV6のスペシャル番組も再放送あるから11月はWOWOWに加入すると良いですよ(宣伝)

V6のスペシャル番組はアルバムのことだけでなく今までの曲のMVも全曲分流してくれてて、昔のめちゃくちゃかっこいい岡田くんも見れるからぜひ!あの頃の岡田くんの写真とか映像見ると今でもすぐ恋に落ちるわよ。

 

 

そしてここからは、読まなくても良いし、読むなら笑い飛ばしてほしいんだけど、

私COLORSでめちゃくちゃ泣いたのよ。まあ一人でこっそり泣いてるつもりだったんだけど、公演終了後に友人に「なんであんなに泣いてたの?」と聞かれたからバレバレだったらしい。

この曲はセンターステージで円になって外向いて歌ったり踊ったりしてて、私はセンター席のセンターステージ横の席で、この曲の途中から結構長い時間、岡田くんが私からよく見える位置にいて、まあそれなりの近さで向き合ってる状態に近い状態だったのよ。

その距離で岡田くんのこと正面から見ていたら、もう私が大好きな細くてすごく美しい顔の岡田くんに戻ることはないんだなって思ってすごく悲しくなっちゃって。

これ言ったら友達に大爆笑されたんだけど確かに口に出すと笑えるのよ...書くと割と深刻そうだけどね。

いやまぁあの頃のビジュアルに戻らないことは何年も前から知ってるけど、でもそれでも求めてしまってたのよ。2003~2007年頃のビジュアルを。細さを。なんでそんな身体大きくするの?とか、どうして髪そんな風に刈り上げるの?なにそのひげ、とかここ数年は岡田くんを見るたびに思っちゃってて、それは岡田くんにも岡田くんファンにも失礼なの分かってるし、そう思っちゃう自分のことも好きじゃなかったし、それで岡田担名乗るのも気が引けてて。でも2015年とかは、もう岡田担じゃないかな~って思ってもいざ目の前に来ると「やっぱ好き~~」と気持ちが溢れ出てきて泣けたし...

でも、この時マジマジと岡田くんのごつい肩幅と胸囲と腿とあの髪型ともみあげと髭を見たら、なんか悲しいって気持ちでいっぱいになっちゃって。でも同時に、やっと受け入れられたというか、すとーんと私の中で納得したというか...私がもう岡田くんの昔のビジュアルを求めることをこの時からしなくなったんだと思う。

だから、昔のすごく綺麗な、私が今まで見た中で1番好きな顔の岡田くんとバイバイして、その昔の岡田くんのビジュアルを求めてしまう私ともバイバイできたというか。

そんなこと思ってたら涙ボロボロ出てきちゃって。これで15年続いた私の片思いの終了。その間に、ジャニーズの他の人好きになったり、彼氏できたり、結婚したりしたけど、それでもやっぱり岡田くんにずーっと恋してたんだよ私は。リア恋なんて安っぽい言葉使いたくないくらい、ずーーーーっと好きだった。

だからいろんなことに一喜一憂して泣いたり怒ったりもしたし、やっぱり結局こうなった大きな理由は女関係もあるだろうし*1、でも多分これからはもっと穏やかに心を広く見ることが出来るはず。別に嫌いになったわけじゃない。最近の岡田くん、柔らかくて楽しそうでだいぶ変な人だけど穏やかでいいなぁって思う。私がときめくのは、MCでも端っこでほとんど喋らない岡田くんなんだけど、でも今の楽しそうな岡田くんすっごく良いと思う。

だからCOLORSは私と岡田くんの別れの曲なのよって、この話を人に言うと大体笑われるか引かれるからどうぞ笑って~。

*1:日常の様子を撮られるのはまあ仕方ないけど(まあその度に多少は荒れてはいたけど)、観光地で撮られたのがどうしても受け入れられなかった...もう撮られても良いと思ってるんだなあと思って悲しくて...