読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビ朝日ドリームフェスティバル 2016.10.23

いやぁ~!ドリフェスのV6が最高だった!!めちゃくちゃ楽しかった!V6がすごくて、最高のパフォーマンス見せてくれて、楽しくて、幸せで、なんかもう全部が大好きで、そこらじゅうの人とハグしたい気分。

泣いたー。最初の3曲くらい涙ボロボロ出てきちゃった。私は去年の20周年のオーラスに入れなかったのが本当にきつくて苦しくてDVDも見れていない状態なんだけど、なんかV6が出てきてテンションめっちゃ上がったのにそういうモヤモヤした気持ちも全部出てきちゃって、V6に対する私の中にあるすべての感情が出てきちゃって、岡田くんがV6として歌って踊ってるのだけでもなんかもうすっごく嬉しいし、めっちゃ泣いた。何かちょっとスッキリした。*1

V6はすごいわ。魅せ方というか観客の吸引力が。分かってはいたけど、いつもはV6とVファンの空間でしか見ていないから、今回みたいなアーティストもファンもいろいろな人がいる中でやっているのを見て、本当にすごいなあと。会場にいるの全員Vファンでは??と思うくらい。ものすごい盛り上がり。その後に出てきたアーティストさんほとんどがV6の名前出していて、アーティストみんなが会場全体がV6のファンと思っている感じがして、それくらいすごかった。あのセットリストを作った健ちゃんもすごいし、それを素晴らしいパフォーマンスで魅せてくれたV6もすごい。

ファンの人もファンじゃない人も、男性も女性も、若い人もそうじゃない人も、盛り上がれるように、盛り上がってもらえるようにしていた演出だった。いのっちのトークも、みんなが盛り上がれるようなそんなトークで、いのっちの独壇場で、すごい。

MUSIC FOR THE PEOPLEという誰もが知っててファンの合いの手がある曲で始まり、会場にいるVファンも全力でフッフー!!をやってV6初めましての人も一気に引きつけ、特攻(8本くらいの火柱がボーーーッ!!って上がる)使ってコンサートverのティガ曲TAKE ME HIGHERで大盛り上がり。Believe Your Smileで会場全体でウォーウォーウォーとV6に向かってペンライト振って、HONEY BEATでは2人組になるところでわちゃわちゃを見せつけサビでは「踊れる人は踊ってね!分からない人も真似してね!(井)」の声でキビキビ踊るVファン。分からない人もなんとなくやってみようってなるんじゃないかな? ここまででもう会場にいる全員を引きつけていたと思う。

もちろんこういうセトリを一人で組んだ健ちゃん、素晴らしいパフォーマンスをして観客を引きつけたV6が1番すごいんだけど、なんかもう「Vコンちょー楽しいよ!!こうやるんだよ!!!」って感じなのか通常営業なのかで、ガンガン声出してバキバキ踊って会場盛り上げたVファンもすごいと思う..よ....(自分も含まれているのであまり全力で褒められないww)

ここで挨拶入れて、かわいくてたまらない剛くんを見せつけ、「それでは次の曲です、fAKE」って言った時のファンのどよめきと絶叫よ。fAKEではV6が得意とするパネルに映し出された映像を駆使して魅せ、willでは静かなのにガッツリ踊り、センターステージでSP"Break The Wall"よ。ガンガン攻めててテレビでは見られないV6を見せつけてた。ファンが見たってヤバイものをV6慣れしてない人が見ていた事実に震えた。ファンじゃない人がSP見たとかもう!!!

MCはいのっちの独壇場。トークでも会場のみんなを引きつけて、着替えて、最新曲のBeautiful World。比較的有名で簡単な手の振りがあるバラードoverときて、なんかもうよく分からない細かい振りつけとフォーメーションがすごい去年よく披露したWait for you

そしてそしてトロッコよ。一応センターステージ(ではないけど、ちょっと前のステージ)への花道があるくらいで、やっぱり外周はないよねーって思ってたらトロッコきたー!DarlingCHANGE THE WORLD愛なんだでトロッコ。これはアリーナ後列とかスタンドの入口寄りの人たち嬉しい。行けるところまで後ろに行って、そこで6台トロッコつなげてその場で少し歌って、立ち位置入れ替えて戻ってくる。もう全員嬉しいやつ!サービス精神旺盛!ジャニーズのコンサートってこんな感じですよー!みんな楽しんでねー!って気持ちが他のアーティストさんのファンにも伝わったんじゃないかな。そして最後はこの曲以外ないよね!ってことでWAになっておどろう。いのっちの素晴らしい指示でララララ~のところ会場全体でお手振り。あの瞬間、会場の心は一つだった。多分会場にいた全員がV6のこと大好きだった。

口では王道なんて言っておいて、工夫を凝らした素晴らしいセトリ考えてきた健ちゃんすごいわ。8曲くらいかな?なんて思っていたら14曲もあって、時間も50分くらいあったかな?王道曲とあと数曲はがっつり踊る曲かな?とは思っていたけど、その曲も去年のコンサートから持ってくるだろうな〜って思ってたらまさかの新しい演出でそのために映像も新しく録ってた。本当に大満足だった!もちろんもっと時間あったら見たいし、あの後ももう1回V6出てこないかなーとか思ったけど、2時間分の満足度が詰め込まれていた。物足りないとかなくて、満たされた。大満足!すごい。

本当に本当に最高で楽しくて、Vコンに何度も行っている人も、ジャニーズ初めましての人も一緒になって大盛り上がりで、これを!Vファンじゃない人が!!見ているなんてー!!!とドキドキした。

行けて良かったー。実は今回行く予定がなかったんだけど、去年ご縁のあった方(もうお友達と呼んでも良いかな?)に誘ってもらったのです。V6は時によって人数増えたり減ったりはするけど基本的に同じ3人でずっと行っているから、いつもの違う人たちと入って、新鮮だった。綺麗でかわいい子たちとのお喋りもすっごく楽しかったよ♡

以下、もう少し細かい感想。

  • 衣装など

衣装は黒の細身のパンツと黒のインナー、前半が白のジャケットで後半が赤いキラキラしたジャケット。両方ともジャケットの形がメンバーそれぞれ違う。白い衣装は、岡田くんはスカジャンみたいなジャケット。赤い衣装は、岡田くんは腰までの丈のかっちりしたジャケット。岡田くん髭あり。黒いハット(踊ってるときにカツラが飛ばないように?)。ちょっとVIVESの時の岡田くんのビジュアル思い出した。剛くん金髪。健ちゃん相変わらず綺麗。トニセンはスタイル相変わらずとても良い。長野くんお上品。

  • HONEY BEAR

横一直線に並んでやるイメージのあるこの曲を6角形のセンターステージでやってて、「そうさ あぁ春夏秋冬で~」の2人1組になるところはいつも通りの組み合わせで歌わない方が歌う方の後ろに言ってきゃっきゃやってて幸せの極み。岡田くんはいつもみたいに健ちゃんの腰やら肩をつかんで健ちゃんくすぐったいしで2人ともニコニコで見てて幸せっ!最後メインステージに戻ってくるんだけど、岡田くん笑っちゃってて、どうしたのかな?って思ったら、坂本くんが立ち位置間違えたみたいで、「ここに変なおじさんいたよね」って挨拶でいのっちにばらされてた。いのっちと岡田くんの間に間違えて坂本くんが入っちゃったらしい。緊張したんだって。

  • 挨拶

まぁいつものようにいのっちのステージ。みんなシャイだからね。出てこないよね。それでも喋りまくるいのっちの後ろでニコニコ楽しそうにしている岡田くんと剛くんがたまらなかった。

いのっちが「テレ朝のゴーちゃんも頑張ってますけど、うちの剛ちゃんもよろしくね!」って言ったら剛くん照れちゃって俯いちゃって、やっと顔上げたと思ったら顔真っ赤で、会場全体がひゃぁぁぁぁぁぁ~と声にならない叫びを。結構長い時間俯いていたのにカメラを剛くんから外さなかったカメラマンさんありがとう....

「男性のみなさーん(井)」「\ウォー!/」「いいね!(井)」「男の声っていいよね~(健)」といのっちと健ちゃんが、女性呼んてまた男性にって戻って何度か男性に叫ばせて「いいねいいね!!(井)」「低音いいよねー(健)」とか言ったりして男の人が多いの楽しんでた。2人とも乗せ上手!!褒め上手!!これじゃ男性も楽しくなるよね。

「ジャニーズ初めての人ー?」とか「これが最初で最後にならないように頑張ります〜!」みたいに、ファン以外にも参加してもらえようなトークしてたいのっちさすが。

  • fAKE

一番予想外で度肝を抜かれたのがfAKEだった。6枚のパネルに映像流して、それとリンクさせてるV6の得意とする魅せ方だとは思うんだけど、まさかドリフェスのためだけにそんな演出を入れてくるとは思っていなくて。映像はモノクロでとっても素敵で、6枚隙間開けてパネルが並んでて、その隙間使ってパネルの裏行ったり、自分のパートで出てきたり。一度、剛くんのパートの時に6枚全部が剛くんの映像になって、ひぇーーー!ってなったと思ったら、坂本くん剛くんが交互にアップで映されててまたまたひえーーー!となり、健ちゃん出てきて健ちゃんのアップが映されるかと思ったら健ちゃんためてためて「...fake」って囁いた時の会場の悲鳴ね。私もだけど。そして曲の最後に6人それそれがパネルに映った自分と横向き(パネルの隣に立ってパネルの方向く感じ)に鏡合わせのように向き合って「Face my faith...」と歌うところが本当に最高で、私のこの説明だけじゃ説明になってないしこの演出をあの空間だけのものにするなんて本当にもったいないから、放送してください~。V6だけ放送がないとかつらい~~。

  • SP"break the wall"

いつもと違う振付だったとかはないんだけど、いつもより小さいステージでくるくるくるくるフォーメーション変えて歌って踊るV6が最高すぎて、しかもこれをV6ファンじゃない人が見てるって事実に鳥肌が立った。全部ヤバイけどセンターステージ(?)までの花道に6人が並んで岡田くんのソロを待つところの高揚感ったら。ヤバイを良い意味で使うことを避けている私がfAKEとSPはやばいやばい言ってしまう~ヤバイ~~

  • MC

恒例の年代別の点呼。10代 ハリがある! 20代 人生経験積んできた! 30代 世の中分かってきたね! 40代 酒焼けしてる! 50代 おしとやか!艶がある! 60代 酸いも甘いも知ってるよねー! 70代 日本を支えてきてくれてありがとう!大体のニュアンスです。艶がある!は長野くんが言って、あとは全部いのっちかな。80代以上と子供たち!がなかったけど、みんな楽しんで声出してた。私は初めて30代のところで声出した。大人になったよ。

いのっち以外の5人が着替えのためにはけて、いのっち独壇場。岡田くんがいのっちの上着持ってくる→いのっち白いジャケット脱いで赤いの着て裏にはける(なぜ?ジャケットで完結では?と思ったらベストもあるらしい)→岡田くんの手にはいのっちが着てたジャケット→それを見た長野くん「そのジャケットどうするのww」とジャケットを手に取り裏に持っていく。長野くん優しいお母さん...

いのっちがはけるときに「准ちゃん(その場を)頼んだ!」→困る岡田くん→剛くんくる→岡田「じゃあ2トップで...」→剛「笑」→いのっち戻る→岡田「喋らない2トップ...笑」 岡田くんと剛くんらしくて最高だったんだけど、岡田くんが自分と剛くんの組み合わせを2トップだと思っているところにびっくりしたけど、よく考えたら喋らない2トップって意味か。トークを頼まれてどうしようどうしようってオドオドしちゃう岡田くんが私の好きな岡田くんだなーって思って嬉しかった。そして剛くん巻き込んでも喋れなくて、健ちゃんや坂本くんは戻ってきてもそんな2人を様子見してるし、結局いのっち戻ってくるまでおどおどしてるし、まぁいつものV6って感じで良かった。

MC終わりに ステージに5人いて、「あと一人誰?」「ヒロシヒロシ!」「もう5人でやっちゃおうぜ!」とわきゃわきゃしていると、イノッチの衣装を置きに行った長野くんが戻ってきてV6みんなでヒロシヒロシ!と。長野くんがいのっちに「いやぁ~どこでも弁が立つねぇぇぇ~(笑)」

  • Beautiful World

生で見るの初めてでうれしかった!間奏のみんなで並んで足でなんか振りやって一人ずつくるくる回るところすき!いのっちと健ちゃんが肩組んでて楽しそうだった。赤くてスパンコールみたいなのキラキラついた衣装に着替えた後に「聴いてください、Beautiful World」って言った時、結構な人が「その衣装で???」と(笑)

  • WAになっておどろう

WAの威力を思い知った。普段結構「またこの曲か~!違う曲でも良いよ~」みたいな気持ちがどうしても出てきちゃうんだけど、昨日は私もだし周りもだし、「やるよね!知ってる!やろうやろう!!」みたいな、テンション上がりすぎて、こんなにもファンがあっさり受け入れられたWAになっておどろうも珍しいのでは?いのっちの指示と煽りも素晴らしくて、ララララ~♪を多分ファン以外もみーんなで楽しくやって会場全体が一つになったのめっちゃ実感した。

坂本くんがどれかの曲のどこかで何かを「代々木~!!」と替え歌してた。あと、どっかで「がんばろーう!」みたいなことも。坂本くん結構歌の途中で煽ったりしてたよ。いつもこういうことやってたっけ?1番フェスってことを意識してる感じがした坂本くん。

最後の方の曲(WAかな?)で、岡田くんが長野くんとがっちり腰だか肩をくんで楽しそうだった。良かったね~^^

 

星野源

もともとあまり興味はなかったんだけど、逃げ恥の最後のダンスが大好きで、これ見れるといいな~と期待してしまったのが良くなかったかもしれない。結局全曲弾き語りで、恋もアコースティックverで、あと知ってる曲はSUNだけで、歌とギターが上手いのは分かったし、聞いてて心地よかったけど、私には全部一緒に聞こえるし(ごめんなさい!)、見てても変化がないから目が暇だった。歌ってる途中で「代々木ぃ~!」と言われると「\いえーい/」ってやった。V6でヘロヘロだったから「座って~」って言ってくれたの嬉しかったけど、「僕もずっと座ってるから~」で、踊らないのか...と。本人が魅せるというより聴かせるということを重要視したんだなーと。お喋りはまったりしながらもくすっと笑えるところが多くてほっこり。テレビ放送の関係で無理だとはわかっていても、恋のバックダンサーをV6にやってもらいたかった~(笑)ダンスが見れないなら...と目を閉じて頭の中でガッキーに踊ってもらった。オットがガッキーかわいいと言いながら毎日数回見てるからもう叩き込まれてるのあの映像。オットよありがとう。MCでは去年カフェで健ちゃんに「ファンなんです」と声をかけられてびっくりした話など。

【レキシ】

最後の10分くらいしか聞いていないんだけど、音楽性は私にはよくわからないけどエンターテイメント性は良かった。稲持ってる人誰のファンよ??って会場前に思ってたらレキシさんのファンだった。手を稲穂みたいにして「ウォーウォウォー さあこうやっておどろう~ラララララ~稲穂に見える~よ~」とWAになって踊ろうの替え歌をしたり、いきものがかりのありがとうを歌ったり。ベースかギターの人がMステの曲弾いたり、いろいろ。99.9の居酒屋の人では??って思って調べたらやっぱりそうだったよ。

PUFFY

定番曲って大事だね!って実感した。昔サーキットの娘が1番好きだった気がする。懐かしい~。渚にまつわるエトセトラ愛のしるしアジアの純真これが私の生きる道など、知ってる曲たくさんだった。MCもまったり。「V6さんのステージすごかったよね!」「アツイよね!」パフォーマンスのことかと思ったら「あの衣装絶対暑いよ!」っていきなり衣装の話になって、え?そっち??って。可笑しかった。「その青い振ってるのなに?V6の??」「\ドリフェスのー/」「じゃあそのピンクのがV6さんのだ!」「\ドリフェスのー!/」ってところから、ペンライトの話になって、「そういうのが役に立つのが1曲だけあるんですよ。次の曲、こういう振りしてください」っていう振りが、キンキのジェットコースターロマンスのペンラ芸の振りで、そういうの得意よ!と楽しみにしていたのに、結局どこでやるのか分からずその曲が終わってしまった。教えて...

エレファントカシマシ

この人たちも最後の10分くらいしか見ていないんだけど...もともとああいう感じは苦手で頭痛くなっちゃうというかもうその時点で大音量の中に結構な時間いたから少し痛くて、だから避難してて、ちょっと落ち着いたから戻ろうかなと思って戻って始まった曲がガストロンジャーという私からしたら何この狂った曲は!?!?となってしまい、途中で耐えきれず頭痛薬飲んだ。1番最後の曲がアコースティックギターかな?落ち着いた感じになったし、知ってる曲(今宵の月のように)で、こういうのが良い...とまったり聞いた。

いきものがかり

良かったよー!最初3曲(さくら)はバラードで、やっぱり目がヒマだわ、ってなったけど、疲労困憊だったからまったり出来たの良かった。もともと結構好きというか、不快な要素が全くないからテレビ番組とかでも早送りとかせず聴いてて、歌うまいなーって思ってたの。生で聞いても歌うまい~。耳が心地よかった。トークは3人ともふわふわしてて癒された。ここからアップテンポな楽しい曲が続いて、私っていきものがかりの曲結構知ってるな~って驚いた。ボーカルの吉岡さんが走り回ったり飛んだり踊ったり、表情をくるくる変えながら動き回っていて楽しかった。あれだけ走り回って音外さないのすごいな~。最後はバラードでしっとりと。そこで、「じょいふるやってないってことはトリはアンコールあるのかな?」と気付いてアンコール。じょいふるやったよ!タオルぶんぶん回して飛び跳ねて歌って楽しかった!最後にもう1回バラードやって終わり。ちなみにいきものがかりの曲で私が知ってる中で1番好きなバラードはYellなんだけど、それはやらなかったネ。

 

盛りだくさんの1日でした。発表されたときに、6組中5組は特に興味がないのに1万円かーって思ったんだけど、V6が!何よりV6が!物足りないとかコスパ悪いとか全然思わないパフォーマンスで最高だった~。

終わった後にV6ファンじゃない人のV6すごかった~ってTweetを結構見かけて嬉しかった。

あの会場にいたV6ファンじゃない人で次のコンサート行きたいってFC入る人いるのかな?FCの入会とコンサートの申し込みと当落確認で戸惑うんだろうな~(笑)

*1:この気持ちが完全に成仏できるのは30周年の11/1のイベントだと思っている