読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学校へ行こう!2015

泣いた。笑った。3時間あっという間だった。

最初のあのゲート?を今の6人がくぐってくるところで泣ける。番組開始から10分後くらいに、近くでのんびり夕飯を食べていたオットに「お前は本当にV6が好きなんだな。全然面白くないのにずっとニヤニヤしてる。」と言われ、「ずっと待ってたんだよ~」と泣き出して困らせてしまった。

学校へ行こうは、私が11歳から22歳までやっていた。ドンピシャで学校へ行こう世代。ただ、両親がバライティー嫌いなので、そこまでしっかり見ていなかった*1。それでもちょこちょこは見ていたし、私がはっきりと岡田くんを好きだと認識したのは2003年。その頃、あの番組はとてもつまらなかった。ちょうどB-RAPの頃。私はこのコーナーが大嫌いだった。だからほとんど見ていなかった。録画して早送りで確認しておしまい、上書き録画!そんな感じだった。受験生だった2004年は録画もしていなかった気がする...。当時、我が家はまだビデオだった。

面白くなってきたのは2005年の春に学校へ行こう!MAXになってから。学校へ行こうを見ない習慣が続いていたので、最初の数か月は見ていないのが悔やまれる。当時は自分で調べない限り情報が入ってこない時代だった。今は事務所からメールもくるし、Twitterやってればいろいろ情報を得ることができる。なんて便利な時代なの。

MAXになって2年くらいはとても面白かった。V6が学生を応援するというカタチで、応援しつつ体験してしていたので、動くV6が見れた。大体2人でロケに行っていて、いろいろな組み合わせを知ることが出来た。私が剛准がとても好きなのは、この時のいろいろなロケが関係している。6人旅も何度かやってくれた。1番好きな回は剛准の流鏑馬回。他にも、女子十二楽坊、ロッククライミング郷土芸能、チア、競馬学校、宝塚、シンクロ、スキージャンプ、農業学校、消防学校、バレエ、社交ダンス、テニス、飛び込み、VS女子学生.....などなども、良かった。面白かった回は他にも沢山ある。楽しかった。毎週楽しみにいていた。全部録画しておけば良かった。当時はDVDレコーダーを手に入れていたけど、Vシュランもあったし歌番組も多かったしのにHDDもDiskも容量が少なかったから選んで保存してた。↑に書いたものは置いてあるけど、消してるものもある。今は高画質でじゃんじゃん録画出来て、さくさく編集して、ぽいぽいdiskに落とせる。なんていい時代なの。

ただ、MAXになっても2007年の途中くらいからいまいちな企画が多くなって、「こんなの誰も見ないよ...」と思うことも多くなって、結局2008年の秋に番組が終わった。最終回で歌ったBelieveは泣ける。この曲の歌い出しを剛くんと決めた人に本当に感謝したい。

そんな感じなので私と学校へ行こうの思い出はそこまで深くないのかもしれない。それでも泣けた。灘6が今でも付き合いあるというエピソードは本当にうれしかった。なんで灘6を残していないんだろう。車の中では井ノ原組が何かやったり、コンサートが始まったりしなくてちょっと残念。ほとんどVTRにつなげるための思い出話だった。

V6のロケでは岡田くんが先生をやったところが良かった。剛健に言われたとおりに生徒に言っておもいっきりスベッて傷心の岡田くん。いのっちに「嫌なら言わなきゃ良かった(のに)」って言われてるけど、岡田くんにとって剛くんと健ちゃんに言われたことは絶対。映画がどれだけヒットしようが、アカデミー賞受賞しようが、大河の主役をやろうが拒否権なんてない。そんな、私の大好きなカミセンの姿を見ることができた。カミセンの関係性をあまり知らないオットですら「(岡田くんは剛健の)オモチャだな...」と言っていた。スタッフも岡田くんのことを相変わらず雑にに扱うのがとても嬉しかった。”自慢のデコで”とか言っちゃう番組スタッフ大好きだよ!

当時苦手だった癒し系ミュージシャンやB-RAPは、やっぱり好きにはなれないけど、懐かしく見ていた。未成年の主張も、笑ったり痒くなったり、楽しく見た。どんな気持ちであれ、おもいっきり叫んで気持ちを伝えるって最高にかっこいいと思う。3時間じゃ足りないー!と途中から騒いでいた。長時間のバライティーの特番を見るのが苦手な私が、3時間しっかり見た。

だぜを見たオットが「俺の方が健ちゃんと近い~」と言っていた。健ちゃんとオットとだぜは同い年。あと、オットは「健ちゃんは、かっこいいかもねえ」という今更なことを言っていた。今まで気づいてなかったのか...

モニターを見る2002-2003年の岡田くんがめちゃくちゃかっこよくって、2015年に再び2003年の岡田くんにおちるというどうしたら良いのか分からない状態になっているし、若き剛健はモニターを見ながらくっついててたまらなかった。

サエコは結婚していろいろあって、学校へ行こうドラゴン桜であんなにかわいかったのに、どこに向かっているんだろうか...と思っているのだが、学校へ行こうのセットの中にいて笑ったり泣いたりしているサエコはやっぱり可愛かった。スカートが幅取りすぎてたけど。

最後の愛なんだのVTRは泣けた。おいおい泣いていたらオットが「お前はV6のなんなんだよ...」と呆れていた。人生だよ...

とても楽しかったけど、過去映像はほとんど学校へ行こう!のときのものばかりで、MAXの映像はほとんどなくて残念。今度はMAXも入れてやってほしいな。視聴率が17%超えとのことで本当に良かった。次につながる。レギュラー化したら多分またぐだぐだになりそうだし、スケジュール的にも難しそうだから、レギュラー放送ではなくて、年に1-2回の特番としてやってくれたら嬉しいなと思っている。

復活してくれて、ありがとうございました!とっても楽しかった♡

翌日の仕事中、頭の中でずっと「そうだよアホだよ」と歌っている人がいた。ずっと。ずーーーーっと!パークマンサーめ....

*1:でもなぜか8時だJは毎週しっかり見ていた記憶がある