読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【11月1日】つーこさんのトークショーとV6の会見

Vコン代々木公演(29日)の様子はこちらに~

 

2015年11月1日、どうしてもこの日の公演に入りたかったけど、チケットが全然見つからなかった。ギリギリまで粘るためという理由が少し、1人で家で泣いているより友人達と過ごした方が良いという理由がほとんど。あと、もしかしたら何かあるかもって気持ちがほんの少し。そんな理由で代々木に行った。

V6はデビューの時も10周年の時も、代々木の外で会見をやってくれたから*1、今年もあるかなどうかな会いたいな。他のファンも同じように思っているだろう、敷地内に入れなかったら嫌だなと思って、10時に代々木着。余裕で入れた。でも、体育館の前と敷地の入口にある看板前には大きくはないものの人のかたまりが。レジャーシートで場所取りもしてあった。体育館前と看板前のどちらで行われるか、何か行われると決まったわけでもないのに推理するVファン。看板は前日までと位置が変わっていた。友人とどうしようか~と話し、「10周年の時は体育館側だったし、この看板の位置が変わったのは、人が入るスペース作るため?」と予想して体育館側に。始まるなら何時からか、17時開演で16時開場だから、14時くらい?あまり早くないでしょ。まだ寝てるんじゃない?なんて話をしつつ、チケット探しながら、何かが起こるといいなと待っていた。

13時前。つーこさんとスーツ着た方わらわら登場。つーこさんはじめましてなのに、「あ!つーこさん来た!」って分かった。なんでだろう。その場に座って、つーこさんの説明を聞く。「なんでこんなに早くから集まってんの!もうしょうがない!みんなでお祝いしよ!」「今から場所作るから!言うこと聞いてね。押さない!残らない!人いっぱいなんだから気を付けて!ゆっくりよ!」とのこと。*2

 会見の場所を作るために私含め石段の上にいた人の半分くらいが石段の下に移動。V6に会いたいからか、みーんな大人しくしっかり言うことを聞く。つーこさんに何度も言われたのは「暑くなってきたから、ちゃんと水分取りなさい。トイレは行っても戻ってこれるようにしてあげて!トイレ行きたくないからって我慢しちゃだめよ。少しでも体調悪いと感じたら倒れる前に抜けなさい。」トイレに行けて戻ってこれる環境作ってくれたのはありがたいけど、つーこさんのお話面白いからここから離れたくないよと結局飲まない私。つーこさん、石段の下に降りてきて、見える見えないの確認とか自分でしてた。階段の下だから、前に詰めちゃうと見れないこともちゃんと考えてくれてて嬉しかった。私は石段の下のグループの10列目くらい作って、石段の上の人は座り、下の私たちは立ったまま。最初は座る計画だったみたいだった。

場所が出来たらつーこさんのMCタイム。トイレに行く時間なんてない。だだだだっと書いてみる。メモとか取ってないのでニュアンスです。こんなことを話してたと思っていただければ。

Vファンのマナーの良さ、でも昔はヤンチャだった。そのヤンチャっぷりはKAT-TUNキスマイSexyZoneのファンが受け継いでる。TOKIOとV6のファンは番協も番組側から年齢制限言われるけど40-50代も入れてる。だからせめて恰好だけは若くしてきてよ。テレビでそんな映らないから恰好さえ若ければごまかせるから。うちわはね、1枚の時は胸の前で良いけど、2枚で胸の前だとこうなるでしょ(実演)。これだと後ろの人から見ずらい。だから2枚持つときは縦に。トーテムポールみたいに。私の動画ネットに上げるのやめてちょうだい。ただでさえお嫁に行き遅れてるのにもっと遅くなっちゃう。最近電車とかでも言われるのよ!「あ!!」って。言わないでちょうだい。せめて「こんにちわ」って言ってくれれば知り合いかなとか思われるのに。倍率すごくてドームできるくらいの申し込みがあった。でも代々木にこだわった。20年間FC継続してくれた人は、不備があっても確認してどこかの公演には当たるようにしたから。どれだけチケットが取れにくくてもCDの売り上げが全て。売り上げ少なかったらどれだけ人気があってもだめ。V6出てきたらキャー!ってなると思うけど、最初にMUSIC FOR THE PEOPLE歌いましょう。ちゃんとフッフー!も言うのよ。(ファン:Aメロから??)歌い終わったらそれから黄色い声出しましょう。もう黄色くないけどね。あと1時間くらいあるからね。(ファン:えーー)あなた達勝手に来たんでしょ?時間知ってたの?(ファン:知らなーい)勘が当たっただけでしょ?なんで記者の人たちより早く来ちゃうの。記者だってこれから受付なのよ!V6出てきたら、何があっても1歩も動いちゃだめよ。そうしたらいいことあるかもしれないよ。少しでも動いたらその前にいるスーツ着てる人が立つからね。V6じゃなくてその人たち見ることになってもいいの?(ファン:やだー)イケメンだっているのよ!!

つーこさんお話上手!毒を吐きつつ優しい。飴と鞭。聞き入ってしまう。トイレ行った方が良いとは思ってたけどつーこさんのトークショーがおもしろくって動けなかった。途中でFCのお姉さんから「ネットに写真あげた人は削除してください」とのお話あり。デビュー曲の歌詞ちょっと怪しいから歌詞検索でもしとくかーと思ったら「もう始まりますので携帯の電源切ってくださーい。」。あらら。直前に1回練習。声が小さいと言われた。がんばる!照れとの戦い。だって屋外www

14時半。V6出てくる。せーのの合図で歌う。「さびしくー」「フッフー!」「させてもー」「フッフー!」と全部歌ったり、パートわけしたり。両方歌うの結構大変。サビ前のジャッ!ジャッ!ジャッ!ジャッ!も地味に歌うファン。なんかいろいろシュール。この時点でV6はまだ台に上がっていなかったし、様子が見えない。どんな顔して聞いてたんだろう。WSでも全く取り上げられなかったし、どうだったんだろうか。そして、ファンでない近くにいた一般の方にはどう思われたんだろう。

歌い終わって会見かねーと思ってたら、こっちに来てくれた。石段のところに。5mだか7mのところにV6が!こっちに来ると分かった瞬間、泣いてしまった。会えるといいなとは思っていたけど、会えると思っていなかった。2015年11月1日に会いたかった。V6の20周年記念日で、私とV6の10周年記念日*3。隣にいた友人も泣いていた。こんなに近くにいるなら、見られるかもしれないから笑っていたいのに涙が止まらなかった。

体育館前のスペースに戻って会見スタート。少し高いところに上がってくれてたので、高身長の私からは見えた。カメラとカメラマンでトニセン3人の事は全く見えないのに、カミセン3人はばっちり見えてありがたい。V6が予想外に近くに来てくれたことで頭が真っ白になったのか、つーこさんのトークショーで力尽きたのかあまり覚えていない。どこかの雑誌でレポあるといいなー。剛くんの言葉が素敵だったことは覚えてる。全員話していたけど、いのっちとカミセンが長めかなあという印象。結構いろいろ話してくれたのにWSでは嵐ばかりだったね。会見の後もまた来てくれた。最初に来てくれたからもう終わりだと思ってたのに、最後も来てくれて嬉しかった。2回目は笑顔で手を振ることができた。出てきてから帰るまで約30分。結構長いこといてくれた。

15時。解散。フォロワーさんとはじめましてのご挨拶。お互い興奮気味。

16時。6時間ぶりのトイレ・・・!

*1:デビュー時のは知らないけれど...

*2:翌日の新聞では2万人と書いてあった。あの代々木体育館前の広場が人でいっぱいになるくらい。

*3:初めての生V6が2005年11月1日