読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2年半経ってやっと、OMGコンの苦しみから解放された

V6 コンサート

昨日、V6のコンサートに行ってきた。 

全部まとめて感想を書こうと思ったら、このタイトルの話でかなりの文字数を使ってしまったので、コンサートの感想は後日。ネタバレあります。2曲。

 

 

 私はOMGコンのSupernovaの演出がダメだった。

 抽選で選ばれた座席の人をステージに上げて少しトーク。誰のファンなのかとかそーゆー話。その人はその後ステージ上に用意された椅子に座ってSupernovaを見る。途中の"gatta gatta havin' a good time ,front ,back and side to side ,カラダは「GO!!」アタマは「NO!!」wanna wanna もっと愛したい~"の剛くんが最強にカッコイイところで、剛くんがその椅子まで近づいていってその人をお迎え。手添えてエスコートして、その人が好きなメンバーに引き渡す。丸いステージの真ん中が下がるようになっていて、そこにその人とメンバー、周りの5人は周りにいて、真ん中が下がる。次に上がってくるときはメンバーがその子をお姫様抱っこしたり膝に乗せてたり。曲が終わったらその人がメンバーに一言。みたいな企画。

最初に見たときは、剛くんファンが当たって、Supernova大好きな私は「なにあの企画。全力で踊って歌ってほしい。あーゆーのいらない。」って思ったけど、そこまで過敏に反応していなかった。翌日はイノッチファンの学生で、イヤだったけどあ~よかったね~みたいな感じで終わった。

問題はその次の日。岡田くんファンが当たって、イヤでイヤでたまらなくて、私と同じ岡田ファンという立場の人間が岡田くんと客席から見えないところで2人きりになって、お姫様抱っこで上がってくる。耐えられなかった。ほとんど目閉じてて見てはいない。私が見た回の剛くんファンといのっちファンは一言言うところで「応援してます。」みたいな当たり障りのないことを言っていたが、あの岡田ファンは「結婚してほしいです。」とか言っていた。

普段、コンサート中に握手したりしている人とか、色紙やボールを取ってる人に対して、負の感情を抱くことは全くない。でも、これは嫌だった。嫌で嫌でたまらなかった。一緒に入った友人もダメージ受けていて、帰りの電車では暗かった。家に帰って泣いた。オットの目の前で。オットは引いていた。当然だ。ヨメがコンサート行ってご機嫌で帰ってくると思ったら号泣して帰ってくるんだから。

ただの嫉妬。そんなのは分かってる。企画の一つなんだし、そんなに嫌がるほどのことではないと頭では分かっている。しかも一時的なものじゃなくて、2年以上引きずるなんてどうかしているのも分かってる。でも、消化するタイミングがなかった。

一緒にへこんだ友人はその後に北海道公演に行っていて(岡田ファンじゃない人が当たったらしい)、 それで平気になったらしい。でも私は北海道行っていない。私のOMGコンはあの岡田くんファンが当たった日で終わった。

 

早く上書きしてほしいと思っていた。早くコンサートに行きたかったのに、2年半もコンサートがなかった。

 

そして昨日。

3曲目にSupernovaで、最初は「結構早い段階で私の傷をえぐるのね...」と思ったんだけど、聞いているうちに、見ているうちに、すーっとどんどん心が軽くなっていくのが自分で分かって、涙が溢れてきてた。「私はOMGコンを本当に引きずっていて、すごく苦しんでいたんだな~」と思った。やっと、あの苦しみが消えるのかもしれないと。消化されていくのが自分で分かった。

そうしたら次の曲でAirがきて、「ここでAirなんてずるいよ~!」と。この曲大好きで、歌詞も相まってSupernovaでの涙は引き続き止まらなくて、「これで”機嫌直して”がきたらもっと泣きそう。でも聞きたいな。」って思いながらカットになるのかどうなのかドキドキしてたら、きた。

 

機嫌直して~♪(岡田ソロ)

 

岡田くんにさー機嫌直してなんて言われたら機嫌直すしかないじゃん。2013年4月21日のOMGコン代々木ラストの日から2年半、ずっとあのこと引きずってふて腐れてたんだよ私。勝手に傷ついて苦しんで引きずっていただけだけど、OMGコンのDVD一応買ったけど全く見てなくてiPodからSupernova流れてきたら飛ばして。ずーっとSupernova避けてた。セクバニコンで見たこの曲めちゃくちゃかっこよくて大好きでDVDも何回も見てたのに、OMGのあの日から一切見れなくなった。脳内からOMGコン消したくて消したくてたまらないのに消えないし、早く上書きしてほしかったのに大河やっちゃってコンサート全然ないし、その間に岡田くんどんどん俳優としての地位を確立していくし、去年一昨年とV6は全然活動しないし。

行き場のない、消化できていないこの気持ちをどうしたらいいのか、自分でも分からなくなっていた。 でも、そんな状態のときに「機嫌直して~♪」なんて岡田くんに言われたらさ、「分かったよぉ~直すよぉ~(涙)」てなるの。なったのよ(笑)

結局私は気に入らなかったことに対して意地を張って駄々こねていただけなんだ。それをフォローしてほしかっただけなんだ。優しくしてほしかっただけなんだ。愛してほしかっただけなんだ。でもそのタイミングがなかった。2年半も。

Airでの、“機嫌直して~♪”の後の岡田くんソロ。

ありのままの君で ずっとそばにいてよ

世界の誰よりも愛するから

分かってる。私に向かって歌ってるんじゃないってことは分かってる。でも、大好きな岡田くんのあの甘い声で、私のこの心境で、この歌詞聞いたらね、涙腺大崩壊^^;

 

この2年半、友人たちにもこの件で迷惑をかけていたと思う。カラオケとか、歌いたかっただろうけど歌わなかったもん。かなり気遣わせていたかなあと。Twitterやブログでも言っちゃっていたし、「まだ気にしてんのかい...」って思われていたと思う。本当にごめんなさい。

 

そんなこんなで、やっと心が軽くなりました。長かった。